< >

特典・キャンペーン

ヤマハミュージックメンバーズからの特典・キャンペーン情報

ジャパン・アーツ主催公演 特別優待のご案内

ジャパン・アーツ主催公演 特別優待のご案内
ジャパン・アーツが主催する、海外の優れたオペラやバレエ、オーケストラ、ソリストたちの公演を優待価格でご鑑賞いただけます。

プレミアム会員の方はこちらをご覧ください

※ご利用方法、条件等はプレミアム会員専用ページでご案内しています。
※ヤマハミュージックメンバーズ プレミアム会員の特典一覧はこちら  

現在ご案内中の公演

ウィーン少年合唱団

新型コロナウイルス感染拡大により、5月・6月の来日が中止となったウィーン少年合唱団は、今年の9月22日(火・祝)~10月19日(月)に日本ツアーを開催します。
秋の日本ツアーは、陽気な人柄で人気のカペルマイスター マノロ・カニン率いるブルックナー組が来日します。秋にはこの危機を乗り越えられているという希望を込めて『Together(共に)』というメッセージを込めたプログラムを各地で披露します。ウィーン少年合唱団2020年秋公演にご期待ください!

■日時・会場・プログラム

2020年9月22日(火・祝)14:00開演 東京オペラシティ コンサートホール(プログラムA)
2020年9月30日(水)19:00開演 東京芸術劇場 コンサートホール(プログラムB)
2020年10月1日(木)14:00開演 東京芸術劇場 コンサートホール(プログラムA)
2020年10月8日(木)19:00開演 東京オペラシティ コンサートホール(プログラムB)
2020年10月14日(水)11:00開演 東京文化会館 大ホール(プログラムA)
2020年10月19日(月)13:00開演 東京オペラシティ コンサートホール(プログラムB)

■出演
ウィーン少年合唱団(ブルックナー組)
マノロ・カニン(カペルマイスター)

■曲目
<プログラムA>
グレゴリオ聖歌:Ave, maris stella(祝されよ、海の星)
ヴィヴァルディ: まことの安らぎはこの世にはなく
ロッシーニ:3つの聖歌より”愛”
ビーブル:アヴェ・マリア
ピーターソン:自由への賛歌
ピアソラ:リベルタンゴ
岡野貞一:ふるさと
菅野よう子:花は咲く
オーストリア民謡:きれいな水がある
ウェルナー:野ばら
J.シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ
J.シュトラウスⅡ:美しく青きドナウ
ほか

<プログラムB>
パーセル:来たれ 汝ら芸術の子よ
シューベルト:アヴェ・マリア
ロッシーニ:3つの聖歌より”愛”
ピアソラ:リベルタンゴ
ディ・カプア/マッズッキ:オー・ソレ・ミオ
J.シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ
ピーターソン:自由への賛歌
岡野貞一:ふるさと
成田為三:浜辺の歌
菅野よう子:花は咲く
J.シュトラウスⅡ:美しく青きドナウ
ジャクソン/リッチー:ウィ・アー・ザ・ワールド
ほか

■優待価格(税込)
平日 S席 通常 7,200円 ⇒ 6,200円 
祝日(9月22日) S席 通常 7,700円 ⇒ 6,700円 
※U20(5歳以上~20歳以下の方が対象、価格3,000円)のチケットもあります。S席の方の隣の座席をお取りできます。
※4歳以下の方の入場はご遠慮ください。
※7月11日(土)から受付開始の予定です。

公演の詳細はこちら

マエストロ小林研一郎80th祝祭演奏会 <シリーズ最終回> 小林研一郎 指揮 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団

ハンガリーに愛されるマエストロ。
ハンガリー国立フィルとの深き絆を熱演で示し、聴き手の心を震わせる


小林研一郎(愛称コバケン)はハンガリーに愛されるマエストロである。現地のコンクールで優勝し、直後にハンガリー国立フィルから首席指揮者にと切望され、いまや町を歩けば人々から「マエストロお元気ですか、昨日の演奏よかったですよ」と声をかけられる。ハンガリーにすっかり溶け込んでいるのである。
「ハンガリー国立フィルは、コンクールで優勝したばかりの僕に指揮を任せてくれた。その熱意に応えなくてはと、ずっと全精力を注いできました。僕は常にアブノーマルな響きをオーケストラから引き出したい。聴衆を別世界へいざなう幻想的な演奏をしたいのです」
こう語る彼の情熱的で真摯でひたむきな演奏姿勢は「炎のマエストロ」と称される。だが、実際の演奏は楽譜の裏側に迫る知的で冷徹で洞察力に富む眼が備わったもの。どんなに激しく強靭な音をオーケストラから導き出そうと、自身はペシミスティック(厭世的、悲観的)な性格を前面に現し、作品の内奥に肉薄し、作曲家が音符に込めた苦悩や悲劇や慟哭を代弁していく。そこにはこれまで聴いたことのない世界が広がり、聴き手の心を震わせる。
今回の選曲はコバケンの自家薬籠中の作品。彼はいずれもいま生まれたばかりの作品に対峙するような新鮮な思いを抱き、オーケストラから清新な響きを引き出す。その新風を全身にまとうと聴き手も活力と前に進む勇気が与えられ、至福の時を過ごすことができる。さあ、音楽から愛と情熱を受け取りましょう!  

文:伊熊よし子(音楽評論家)

■日時
2020年11月13日(金)19:00
2020年11月16日(月)19:00

■会場
東京芸術劇場 コンサートホール

■出演
指揮:小林研一郎
管弦楽:ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団

<11月13日のみ>ソプラノ:市原愛、アルト:山下牧子、合唱:東京音楽大学
<11月16日のみ>ヴァイオリン:千住真理子

■曲目
<11月13日>マーラー:交響曲第2番 ハ短調「復活」

<11月16日>
ベートーヴェン:「エグモント」序曲
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番
ベートーヴェン:交響曲 第7番

■優待価格(税込)
<11月13日>S席 通常 13,000円 ⇒ 12,000円
<11月16日>S席 通常 12,000円 ⇒ 11,000円

※未就学児の入場はご遠慮ください。

公演の詳細はこちら

ボリショイ・バレエ

240余年の歴史と伝統を誇り、世界3大バレエ団のひとつと讃えられるボリショイ・バレエが2020年11月に来日。ボリショイ・バレエは、60年にわたり日本と深い絆を持ち、いつの時代も世代をこえて私たちに感動を届けてきました。
3年ぶりとなる今回の日本公演は、“ボリショイ・バレエ新時代”の息吹と力強さを感じる、永遠の傑作「白鳥の湖」、迫力ある音楽とエネルギッシュで躍動感あふれる振付で魅せるボリショイの十八番「スパルタクス」、そして、今が旬の輝けるダンサーたちが勢ぞろいした、豪華な特別ステージ「ボリショイのすべて ~プレミアム・エディション」の3演目が上演されます。
バレエ界を代表するスターや次の世代を担うダンサーたちが日本公演に集い、いまふたたび!ボリショイ・バレエの黄金期を披露します。
ボリショイ劇場が世界に誇るダンサーたち、ボリショイ劇場管弦楽団、舞台スタッフなど総勢230名が来日する日本公演。ぜひ、ご期待ください。

■日時・プログラム
2020年11月27日(金)18:30開演「スパルタクス」
2020年11月28日(土)18:00開演「白鳥の湖」
2020年11月29日(日)13:00開演「白鳥の湖」
2020年11月29日(日)19:00開演「白鳥の湖」
2020年12月1日(火)13:00開演「白鳥の湖」
2020年12月3日(木)18:30開演「ボリショイのすべて ~プレミアム・エディション」
2020年12月4日(金)18:30開演「ボリショイのすべて ~プレミアム・エディション」

■会場
東京文化会館 大ホール
東京都台東区上野公園5-45
https://www.t-bunka.jp/

■優待価格(税込)

<スパルタクス、白鳥の湖>
S席 通常 25,000円 ⇒ 20,000円

<ボリショイのすべて ~プレミアム・エディション>
S席 通常 26,000円 ⇒ 21,000円

※4歳未満の方の入場はご遠慮ください。

公演の詳細はこちら

スタンダード会員の方へ

この機会にプレミアム会員のご登録をご検討ください。
本ページ上部の「プレミアム会員のお申し込みをする」ボタンからお手続きいただけます。

※プレミアム会員のお申し込みから登録完了までに数日かかることがあります。登録完了するとマイページが「スタンダード会員」から「プレミアム会員」の表示に変更されますのでご確認ください。

特典・キャンペーンの一覧に戻る