< >

特典・キャンペーン

ヤマハミュージックメンバーズからの特典・キャンペーン情報

ジャパン・アーツ主催公演 特別優待のご案内

ジャパン・アーツ主催公演 特別優待のご案内
ジャパン・アーツが主催する、海外の優れたオペラやバレエ、オーケストラ、ソリストたちの公演を優待価格でご鑑賞いただけます。

プレミアム会員の方はこちらをご覧ください

※ご利用方法、条件などは「プレミアム会員」専用ページでご案内しています。
※スタンダード会員の方は、プレミアム会員にご入会いただくと優待特典をご利用いただけます。プレミアム会員への入会方法はログインのうえ、こちらをご参照ください。
※現在、会員でない方は、「新規入会はこちら」のバナーからまずスタンダード(無料)会員の登録をし、その後ログインをして、こちらからお手続きください。
※ヤマハミュージックメンバーズ プレミアム会員の特典一覧はこちらをご参照ください。 
※クレジット機能なしの場合は通常1~3日程度でプレミアム会員に登録が変更されます。ただし、入力情報の不備があった場合やご登録の銀行口座によっては日数がかかる場合があります。クレジット機能ありの場合は、クレジットカード会社による審査がありますので、さらに日数がかかる場合や入会のご希望に添えない場合があります。

現在ご案内中の公演

千住真理子 デビュー45周年記念 平和への祈り バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ全曲演奏会


~ 公演によせて ~


バッハは祈り、だ。
バッハの無伴奏作品は特に、神聖なる祈りそのものだ。
全世界に広がる不安な心を、バッハは慰め、癒し、勇気付ける。
私がデビューからの節目となる周年ごとに『バッハ無伴奏全曲演奏会』を行おうと決めたのはデビュー20周年の時だった。その後は5年ごとに、自分との約束を果たしてきた。
ある時は大震災の復興を願いながら弾いたバッハ、原発事故の終息を祈りつつ弾くバッハ、または病に苦しむ母の最期が穏やかであるようにとひたすら独りバッハを奏でるステージもあった。
バッハの響きが、空間に放たれた時、全てがいのりに満たされる。
私たちは、平和を祈る。
ただ、穏やかに過ごせることを祈る。
誰もが幸せに満たされることを心に願い、バッハの響きに優しく包まれる貴方を想い、この日私はバッハを奏でる。

千住真理子

■日時
2020年12月6日(日)15:00開演

■会場
東京オペラシティ コンサートホール
東京都新宿区西新宿3-20-2
http://www.operacity.jp/

■出演
ヴァイオリン:千住真理子

■曲目
J.S. バッハ:
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番 ト短調 BWV. 1001
パルティータ第1番 ロ短調 BWV. 1002
ソナタ第3番 ハ長調 BWV. 1005
パルティータ第3番 ホ長調 BWV. 1006
ソナタ第2番 イ短調 BWV. 1003
パルティータ第2番 ニ短調 BWV. 1004

■優待価格(税込)
S席 通常 6,000円 ⇒ 5,400円

※未就学児の入場はご遠慮ください。

横山幸雄 × ベートーヴェン ~ピアノ・ソナタ全32曲連続演奏会~


~ 公演によせて ~


もしベートーヴェンが今の混乱した世の中に直面したとするならば、
何をどのように考えてどんな行動をするのか・・・・・・
数々の試練を乗り越えていった苦難の人、ベートーヴェン。
それまでの時代の流れに逆らい、誰かに頼まれてではなく、自分の書きたい音楽のみを生涯にわたって書き続け、また耳の病いが発症し回復の見込みがなくても、かえって強く音楽家として生きていこうと決心し、強烈な意思を貫き通したベートーヴェン。
その生き様は、32曲のピアノ・ソナタに克明に刻まれている。それぞれに明確な個性を持ち、エネルギーに満ち溢れ、弾き手には多大な集中力が求められ、聴き手の心には深く強く迫ってくる。
そのような強いメッセージ性を持った音楽であるから、僕の秋のリサイタルシリーズ「ベートーヴェンプラス」では8年かけてじっくり取り組んできた。
ところが今、時代は大きく変わってしまった。今後どうなるのかもわからない。
奇しくもベートーヴェンの生誕250年というメモリアルイヤーが混迷の時代に重なり、今こそ通常ではあり得ないような企画があっても良いのではないだろうか?!

横山幸雄

■日時
【第1日】2020年12月5日(土)13:00~21:00
【第2日】2020年12月6日(日)11:00~17:30

■会場
東京文化会館 大ホール
東京都台東区上野公園5-45
https://www.t-bunka.jp/

■出演
ピアノ:横山幸雄

■曲目・時間

【第1日】
<第1部> 13:00~14:00
ソナタ第1番 Op.2-1
ソナタ第2番 Op.2-2
ソナタ第3番 Op.2-3

<第2部> 14:30~15:30
ソナタ第19番 Op.49-1
ソナタ第20番 Op.49-2
ソナタ第4番 Op.7
ソナタ第5番 Op.10-1
ソナタ第6番 Op.10-2

<第3部> 16:00~17:00
ソナタ第7番 Op.10-3
ソナタ第8番 Op.13「悲愴」
ソナタ第9番 Op.14-1
ソナタ第10番 Op.14-2

<第4部> 17:30~18:40
ソナタ第11番 Op.22
ソナタ第12番 Op.26「葬送」
ソナタ第13番 Op.27-1
ソナタ第14番 Op.27-2「月光」

<第5部> 19:30~21:00
ソナタ第15番 Op.28「田園」
ソナタ第16番 Op.31-1
ソナタ第17番 Op.31-2「テンペスト」
ソナタ第18番 Op.31-3

【第2日】

<第6部> 11:00~12:00
ソナタ第21番 Op.53「ワルトシュタイン」
ソナタ第22番 Op.54
ソナタ第23番 Op.57「熱情」

<第7部> 13:00~13:35
ソナタ第24番 Op.78「テレーゼ」
ソナタ第25番 Op.79
ソナタ第26番 Op.81a「告別」

<第8部> 14:00~14:30
ソナタ第27番 Op.90
ソナタ第28番 Op.101

<第9部> 15:00~15:40
ソナタ第29番 Op.106「ハンマークラヴィーア」

<第10部> 16:00~16:40
ソナタ第30番 Op.109
ソナタ第31番 Op.110

<第11部> 17:00~17:30
ソナタ第32番 Op.111

■優待価格(税込)

全席指定
2日通し券 通常16,000円 ⇒ 15,000円
1日通し券 通常10,000円 ⇒ 9,000円
各部券 通常3,500円 ⇒ 3,100円

徳永二男&仲道郁代 ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会


~ 公演によせて ~


重厚にして華麗なるデュオを聴く

人生において、自身に降りかかった苦難の中にあっても、その強い意志によって希望を見出し、多くの哲学的で精神性の深い楽曲を生み出したベートーヴェン。
生誕250周年の記念となった今年は、世界各地でこの楽聖の生誕を祝うコンサートが開催される予定であったが、誰もが想像し得ぬ新型コロナウイルスの世界的蔓延という未曾有の難局に直面することとなり、その多くの機会が奪われることとなってしまった。
しかし、そのような中、徳永二男と仲道郁代、現代最高の名手たちによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会という、贅沢でスペシャルな舞台が実現することとなった。
しかも、東京文化会館小ホールの、あの響きに満ちあふれた空間で。
2人の名手がベートーヴェンの音楽に向き合い、対話し、それを昇華させてどのように我々に届けてくれるのか。このような時だからこそ、クラシック音楽の真の感動を伝え続けてきた演奏家によるこのベートーヴェンの演奏会は「心に沁み入る時間(とき)」となるに違いない。

■日時
【第1日】2020年12月26日(土)15:30開演
【第2日】2020年12月27日(日)15:30開演

■会場
東京文化会館 小ホール
東京都台東区上野公園5-45
https://www.t-bunka.jp/

■出演
ヴァイオリン:徳永二男
ピアノ:仲道郁代

■曲目

【第1日】
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 Op. 12-1
ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op. 12-2
ヴァイオリン・ソナタ第3番 変ホ長調 Op. 12-3
ヴァイオリン・ソナタ第4番 イ短調 Op. 23
ヴァイオリン・ソナタ第7番 ハ短調 Op. 30-2

【第2日】
ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」ヘ長調 Op. 24
ヴァイオリン・ソナタ第6番 イ長調 Op. 30-1
ヴァイオリン・ソナタ第8番 ト長調 Op. 30-3
ヴァイオリン・ソナタ第10番 ト長調 Op. 96
ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」イ長調 Op. 47


■優待価格(税込)

各日 S席 通常9,000円 ⇒ 8,100円

2022年デビュー20周年に向けて Vol.2 上原彩子 ピアノ・リサイタル


~ 公演によせて ~

音楽史上に燦然と輝く唯一無二のピアニスト、ショパンとラフマニノフ。
この二人のピアニストとして、作曲家としての素晴らしさを挙げ連ねれば、きりがありません。では、何故これ程までに愛されているのか。。。私が感じるのは、彼らのピアノ音楽には、彼らの全てが詰まっているということ。他の作曲家ならオーケストラや歌曲で表現するであろうメロディーや要素も、全てがピアノの内にあります。それは、きっと、彼らのピアニストとしての技量のなせる技。彼らは作曲しながら、独自のピアニズムを開拓し、自分が必要な全てを表現できる奏法を身に付け、それを曲に反映させていったのだと思います。
今回、この二人の天才ピアニストの作品を並べて弾くことは、私にとって究極の課題に取り組む様なもの。課題の大きさに時々は怖じ気づいたり、時々は期待に胸を膨らませたり、毎日一喜一憂しています。
このコロナ禍の中、私にとってピアノを弾くとはどんな意味があるのだろうと、最近よく考えます。
過去と現在が音楽を通して混ざり合い、その音楽が生まれる瞬間の喜び、緊張をお客様と共有できる事、その一瞬一瞬が私にとってはかけがえのない宝物かなと思います。そして、何百年というクラシック音楽の歴史の深さが、音楽に様々な陰影を与えているからこそ、そこにたくさんのドラマが生まれるのかな。
だから、過去の素晴らしい音楽家達に感謝しつつ、今回はショパンとラフマニノフに特別に感謝しつつ、そしてコンサートの時間を共有して下さるお客様に心から感謝しつつ、自分の言葉で音楽を発信できたらいいなと思います。

上原彩子

■日時
2021年1月13日(水)19:00開演

■会場
東京オペラシティ コンサートホール
東京都新宿区西新宿3-20-2
http://www.operacity.jp/

■出演
ピアノ:上原彩子

■曲目

ショパン:24のプレリュード Op. 28
ショパン:プレリュード 嬰ハ短調 Op. 45
ラフマニノフ:プレリュード 嬰へ短調 Op. 23-1
ラフマニノフ:プレリュード 変ホ長調 Op. 23-6
ラフマニノフ:ショパンの主題による変奏曲 ハ短調 Op. 22

■優待価格(税込)

各日 S席 通常5,000円 ⇒ 4,500円

注意事項

  • 2020年11月現在の情報を掲載しています。
  • 上記内容については、変更になる場合があります。

特典・キャンペーンの一覧に戻る