< >

イベント

ヤマハミュージックメンバーズからの厳選イベント情報!

60th Anniversary エレクトーンプレミアムライブ

60th Anniversary エレクトーンプレミアムライブ

2019年はエレクトーンが誕生して60周年を迎えます。60年のご愛顧に感謝を込めて、エレクトーン界のスーパープレイヤー4人がヤマハホールに集結!!

ジャズ・フュージョン界屈指のプレイヤー窪田宏、圧倒的なライブパフォーマンスで絶大な人気を誇る富岡ヤスヤ、斬新な発想と音楽性で多くの人たちを魅了する鷹野雅史、本格的なジャズを中心にクオリティの高いサウンドが魅力の倉沢大樹。

ソロあり、コラボレ-ションあり!歌やトークを交えたエレクトーンの演奏をたっぷりお楽しみください。

日時

2019年8月12日(月・休)16:30開場、17:30開演

会場

ヤマハホール
東京都中央区銀座7-9-14
https://www.yamahaginza.com/access/

料金

プレミアム会員 5,500円
スタンダード会員 6,000円
※いずれも税込です。
※料金は、応募期間終了時点の会員の種類(プレミアム会員/スタンダード会員)に応じます。

内容

■出演
窪田宏、富岡ヤスヤ、鷹野雅史、倉沢大樹

■曲目
当日までのお楽しみ・・・・・・

■定員
300名様

応募期間

2019年06月10日 (月) 11:00 ~ 2019年07月10日 (水) 17:00

応募方法

ヤマハミュージックメンバーズの入会がお済みでない方は、ページ下部の「入会と同時に応募する」のボタンからご応募ください。応募と同時に入会となります。 
会員の方は、「会員の方はこちら」のボタンからご応募ください。

ご応募に際して

ご応募の際は、あらかじめ下記の事項をご確認ください。

・ご応募が定員を超えた場合は抽選を行います。抽選結果は7月中旬に、ご応募いただいた皆さまにメールでお知らせします。
・指定以外の方法での応募、入力漏れ、入力誤り等、判別不能の場合はすべて無効になりますのでご注意ください。
・本公演は全席指定席ですが、お客さまご自身での座席指定は受け付けていません。座席は、料金ご入金確認後に決定し、7月末頃にメールでお知らせします。座席をお知らせするまでの流れは下記のとおりです。
 1. 応募期間(6月10日~7月10日)終了後、抽選を行います。
 2. 抽選結果は7月中旬に、ご応募いただいた皆さまにメールでお知らせします。当選された方には、料金の入金方法・期日も併せてお知らせします。
 3. 入金期日後、座席を決定します。
 4. 座席は7月末頃に、ご入金いただいた皆さまにメールでお知らせします。

※ご入金後のキャンセルはできません。
※座席の変更はできません。
※2名様分ご入金の場合、原則として並びのお席をご用意しますが、状況により並びではない場合もあります。あらかじめご了承ください。

ご入場に際して

公演当日は、座席が表示されたメールの画面またはメールをプリントアウトした用紙を受付にご提示のうえ、ご入場ください。

出演者プロフィール


窪田宏

北海道 帯広市出身
音楽家である父親の影響で、4歳からピアノを始める。中・高校時代に熱中したロック、ジャズでオルガンに魅了され、17歳でエレクトーンを始める。
1979年、作曲・演奏活動を開始。1984年『THE ELECTRIC FUTURE』(2枚組LP)でレコードデビュー。以来、国内ではポニーキャニオンより通算11枚にわたるアルバムをリリース。ビート感あふれるスリリングなナンバー、窪田独自のサウンドは、コンポーザー、アレンジャーとしても高く評価され、その作品は「モーターランド2」「ワイド!スクランブル」等多くのTV番組テーマにもなっている。
2000年9月、ニューヨークのジャズレーベルTruspaceから『I’ll Always Be』で全米デビュー。同年10月には、ニューヨークのKnitting Factory等でライブを行い、ソウルフルでファンキーなサウンドが好評を博す。2004年4月にアルバム『KOOL JAMMING』をリリース。2015年12月には11年ぶりのソロアルバム『Vocalize』をヤマハミュージックコミュニケーションズより発売。ジャズ・ファンクを愛し、そのスリリングなステージで常に音楽シーンの先端を行くトッププレイヤーである。


富岡ヤスヤ

yaSya is・・・世界を股にかけるエレクトーンパフォーマー。アーティストとして優れた音楽センスと、圧倒的なライブパフォーマンスで絶大な人気を誇り、アレンジャーやコンポーザーとしてもその才能を発揮している。1996年、黒人ゴスペルグループ“R.P.M”のリードボーカリストデビッド・ローソンと運命的な出会いを果たしセカンドシングル『I REALLY WANT TO SAY』をリリース。yaSyaの作り出すR & Bサウンドはネイティブアメリカンにも受け入れられることとなる。ライブでは、数多くの音楽ファンの拡大に成功する。また1998年、長野冬季オリンピックでは“モーグル競技”で世界初のライブ演奏を披露すると共に、20曲以上のオリジナルモーグルサウンドをクリエイトする。2003年、DREAMS COME TRUEの4年に1度の大イベント“史上最強の移動遊園地”DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2003”にツアーメンバーとして参加し、エレクトーンをあのドリカムサウンドに見事にコラボレートさせる。その後も、ヤマハ提供のテレビ番組「音遊人」にメイン出演。2005年には拡大した同番組で、レギュラー出演の座も獲得するなど活躍の場を広げていく。そして2007年、待望のファーストアルバム『AnAndA』(アナンダ)をリリース。愛すべき仲間たちと作り上げたサウンドは新たなyaSyaの魅力を発見させてくれる。


鷹野雅史
1台のエレクトーンを自身のオーケストラ(STAGEAフィル!)に見立て、指揮者さながらの圧巻のパフォーマンスでさまざまなジャンルの音楽を奏でる独特なスタイルは、日本国内のみならず、海外からも広く支持されている。歴訪した国は欧米、アジア・オセアニアなど32ヶ国。演奏活動のほか、作・編曲、指揮、コンサートプロデュースも行う。教育的活動にも熱心で、現在、名古屋芸術大学芸術学部の教授。CDは英国のGrosvener Record、日本のヤマハミュージックメディア(YMM)から 複数枚リリース。特にSTAGEAフィルとの三作の『MAX to the MAX』シリーズ(YMM)と、2017~2018年に立て続けにリリースされた二作の『AMAZING!! STAGEA PHILHARMONY♪』シリーズ(自己出版)は好評を博している。楽譜もYMMから多数出版されている。


倉沢大樹

栃木県宇都宮市生まれ。7歳よりピアノを、16歳よりエレクトーン、ジャズ・ピアノをはじめる。
1993年、シンガポールで開催された第30回インターナショナル・エレクトーン・フェスティバルに日本代表として出場。世界15カ国、約3万人の中から見事グランプリを受賞。各国の審査員から絶賛される。 
1994年、宇都宮市民賞受賞。ヤマハ東京支店専属デモンストレーターとして活動を開始。 
1997年、1月に長野で開催されたスキーのフリースタイル世界大会の表彰式及び、 9月開催のウーマンズ・スイム・フェスティバル'98で演奏を担当。
1998年、長野冬季オリンピックでは、長野市内の「セントラル・スクエア」において行われた、 スキー競技など屋外競技の表彰セレモニーの際のすべての演奏を担当。オリンピックを華やかに盛り上げた。 
2005年、長野で行われた、スペシャルオリンピックにてテーマ曲『栄光の軌跡』製作。また会場で演奏し華やかに盛り上げた。 
サントリーホールにて行われた「EMIESコンサート」において、鳥山雄司氏による「ドリームオブユース」の初演演奏。 
4月に横浜国際プールにて行われた「JAPAN SWIM」にて競技の表彰セレモニーの際の音楽を担当。 
2007年12月に、CD「JAZZ IZ」をリリース。同時にマッチング曲集「JAZZ IZ」も発売。

現在は、ヤマハ音楽出版より作品集を出版するなど、アレンジャーとしても活躍。
全国各地でのデモ演奏やコンサートのほか、ジャズ・ピアニストとしても活動中。 

今まで、エリック・ミヤシロ、大坂昌彦、桑山哲也、佐山雅弘、島田歌穂、神保彰、チカシンガー、デュークエイセス、中西俊博、沼尾みゆき、はいだしょうこ、濱田めぐみ、HARU、東原力哉、PONTA BOX、マーサ三宅、マリーン、宮崎隆睦、向谷実、渡辺貞夫、雪村いずみなどと共演。

主催

(株)ヤマハミュージックジャパン

注意事項

※内容・スケジュール等は都合により変更になる場合があります。
※本イベントの様子を撮影し、写真等をヤマハの広報媒体等に掲載させていただく場合があります。
※プレイスコアランクがS以上の方は、優先的にご参加が可能です。

個人情報の取り扱い

お客様の個人情報は、ご登録いただいたヤマハミュージックメンバーズのプライバシーポリシーの定めのほか、 本イベントの事務運営(受付・当選者決定・その他諸連絡)のために利用します。

お問い合わせ先

(株)ヤマハミュージックジャパン ELマーケティング課
TEL.03-5488-5443 平日9:00~17:45

入会と同時に応募する

会員の方はこちら

イベントの一覧に戻る