< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

山手線をぐるり一周!電車の中でゆったり生演奏を楽しむことができたスペシャルなイベント!

山手線をぐるり一周!電車の中でゆったり生演奏を楽しむことができたスペシャルなイベント!

2017年11月11日(土)に開催された「まちなかコンサート×Station LIVE in 山手線 Special Train」に行って来ました。

このイベントはJR東日本が2014年度より秋葉原駅、上野駅、東京駅、日暮里駅、新宿駅で開催しているコンサート「ステーションライブ」と、東京文化会館主催の街中で気軽にクラシックを楽しむことができる、コンサートシリーズ「まちなかコンサート」とのコラボレーション。
JR30周年を記念した山手線ラッピングトレインの車内で、東京文化会館、選りすぐりのアーティストのコンサートを楽しむというスペシャル企画。

乗車前から気分が盛り上がる案内表示

201711201437_1.jpg
参加者の皆さんがちょっと上の方を見ながら写真を撮っているので、見てると。。。
普段、行き先や、電車の時刻を確認する電光掲示板に「素敵な調べを♪」の表示が!

ステキな演出に乗車前からワクワクしてきます。

まずは車内を探検

1号車から11号車までをまずは探検してみました。1号車と11号車は出演の控え室。2号車から10号車が演奏車両。
ところどころに、電子ピアノ「クラビノーバ」とPAシステム「STAGEPAS」が設置されています。

201711201437_1.png
ドアのサイズに驚くほどぴったりだったクラビノーバ

201711201437_2.jpg
なかなか見る機会がない!荷物棚に設置されたSTAGEPASのスピーカー

出発進行!いよいよ山手線の電車の中でコンサートが始まります!

列車が出発する直前に両端の1号車、11号車から出演者が登場!演奏する車両まで移動します。
これがなんとも言えない「非日常感!!」

201711201437_2.png
参加者のワクワク・ドキドキ感がたっぷり詰まった拍手の中、楽器を持ち、華やかな衣装をまとったアーティストが通り抜けて行きます。


列車が動き出すと、アナウンスが入りいよいよコンサート開始!
通勤の時はヘッドホンで音楽を聴いていますが、この日はヘッドホンの必要なし。

車両の連結部分がステージとなり、それを座席から鑑賞するというスタイル。
曲と曲の間では、つり革を掴みながらのMC。これはなかなかない珍しい光景でした。

201711201437_3.pngトロンボーン四重奏は横向き

電車にちなんだ選曲、そして電車にちなんだMCを交えながらの演奏など、趣向を凝らしたプログラムが展開していきます。

山手線ぐるっと一周、1時間強を電車に揺られながら、生の演奏をたっぷり楽しむことができました。

普段とはまったく違う雰囲気の山手線を味わうことができた、貴重な時間となりました。

記事の一覧に戻る