< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

音楽制作ソフトウェア「Cubase」がバージョンアップ!新バージョン「Cubase 9.5」シリーズの新機能とは?!

音楽制作ソフトウェア「Cubase」がバージョンアップ!新バージョン「Cubase 9.5」シリーズの新機能とは?!
自分で作曲をしたり、すでにある曲や、音源を編集したり、スタジオで録音した音をミックスしたり。
そんな時に使うのが音楽制作ソフトウェア。
世界でもっとも有名な音楽ソフトウェのひとつ、スタインバーグの「Cuabase」シリーズが「9.5」にバージョンアップしました。
このバージョンアップで、これまで以上に使いやすくなり、わずらわしかった作業もシンプルになりました!

Cubase9.5シリーズの新機能紹介する解説ビデオをまずチェック!

この2本を見れば、Cubase9.5シリーズで新たに追加された主な機能をバッチリ理解することができると思います。
「実際の作業の中でどのように使うものなのか?」が分かりやすく解説されています。
 

 

右ゾーンが使いやすく進化しています。

201711201930_1.png
マスタートラックのピークメーター、ラウドネスメーターなどの表示も可能に。
さらに自分のPCのファイルを探し出すこともCubaseの画面のみで完結できるようになりました。これは便利。

グリッドの単位がズームにあわせて変化します。

201711201930_2.png
拡大をすると、グリッドの単位が小さく(ex.4分→16分)なり、縮小すると、グリッドの単位が大きく(16分→1拍)なります。
これまでは別々に切り替えていたのでかなり使いやすくなりました!

オートメーションカーブの作成が簡単になりました。

201711201930_3.png
これまで複数のポイントを指定する必要があった作業が一気に簡単になりました。赤丸の位置に出る点を動かすことで、これまで以上に滑らかなカーブを描くことがで
きるようになりました。
201711201930_4.png
これまでのインサートはプリフェーダー6つ、ポストフェーダー2つという構成だったのが、16個に倍増。プリフェーダー、ポストフェーダーの個数も可変になりました
。スロットの数が足りないという悩みが一気に解決です!
さまざまな操作がシンプルになったCubase9.5シリーズでぜひ快適な音楽制作ライフを!
 

「Cubase9.5シリーズ」の製品情報を見る

 

Twitterアカウント「ヤマハ・スタインバーグ」を見る

 

記事の一覧に戻る