< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

自分の演奏を採点してもらいませんか?管楽器やバイオリンの演奏を自動採点するiOSアプリ「やろうぜ管カラ!」

こちらをご覧の皆さんの中には、楽器の演奏を普段から楽しんでいる方が多いと思います。
そんな皆さんに質問です。
演奏を採点されたことがありますか?

カラオケに行った時など、採点機能で今の歌は「○○点」と出てワイワイ楽しむことがあると思います。

だけど楽器ではなかなかそんな機会ありませんよね?

楽器演奏を自動採点するiOSアプリ「やろうぜ管カラ!」

楽器の演奏を自動採点してくれるアプリがあるのをご存知でしょうか?
それがこのiOSアプリ「やろうぜ管カラ!」です!
 

「やろうぜ管カラ!」をダウンロードする!

201712141228_1.jpg
曲の演奏が終わるとこのように採点結果が出てアドバイスも表示されます。

201712141228_2.jpg
演奏中は楽譜はもちろん、ピアノロールも表示されリアルタイムで判定されます。
※iPad版のみ、iPhone版は楽譜もしくはピアノロールのどちらか1つの表示。

どうやって採点しているのか?

さて気になるのは「どんな仕組み」で採点しているのか?というところだと思います。

採点にはヤマハ独自の楽器演奏評価技術「virtana™(ヴィルターナ)」が使われています。

201712141228_3.jpg

特徴は?

1.演奏を物理的な分析と音楽的な分析の両方をあわせて評価
物理的な分析とは、演奏されるとリアルタイムにその演奏を「音程」「音量」「タイミング」といった物理的な要素へ分解し、それぞれ正しいか?の分析をしています。
これだけではなく、音楽的な分析はビブラートなどの演奏技法、抑揚、音の安定感などを評価して採点に反映しています。

2.演奏楽器よって変わる評価基準
アプリで採点する時に「演奏楽器」を選択します。
なぜなら、同じ曲でも楽器ごとに奏法や音程、音量や音質が異なるからです。
ビブラートを多用する楽器もあれば、そうではない楽器もあるので、音がゆれている時にそれが正しいビブラートか?それとも安定していない音の揺れなのか?を楽器によって判定しています。
ヤマハならではの楽器に寄り添った評価を実現しているんです!

3.一流アーティストの感性に近い評価
第一線で活躍する一流アーティスト、アマチュア、学生など、たくさんの皆さんの協力のもと、さまざまな演奏サンプルを収集。
一流アーティストの演奏の中にある、評価を上げている「特徴」を抽出し、評価のパラメータに落とし込むことにより、音楽的な採点を実現しています。

ちなみにこの「virtana」とは名手を意味する「virtuoso」と分析を意味する「analyze」を組み合わせた造語です。

 

「virtana™」について詳しく知りたい!

やってみた動画

人気プレイヤーが実際にこの「やろうぜ管カラ!」に挑戦してみた動画があるのでご紹介します!

トランペット:山崎千裕さん
演奏曲:「君をのせて」(天空の城ラピュタ 主題歌)
おお!ものすごい高得点っす! 

サクソフォン:福井健太さん
演奏曲:名探偵コナン メイン・テーマ
こちらも高得点!Sランクでました!

この採点が出るまでの「間」、結果が出た後のこの感じ。
楽しそうですよね!

演奏したい曲は?

ヤマハが提供するデータ販売サービス「ヤマハミュージックデータショップ」で購入することが可能です!
201712141228_1.png

「やろうぜ管カラ!」対応曲を見る

管楽器、バイオリンを演奏するみなさん!カラオケ感覚で友達と挑戦して盛り上がるのはいかがでしょうか?!

12月24日まで、クリスマスソング3曲が無料ダウンロードできるキャンペーンを実施中!

クリスマス限定キャンペーン

ぜひこの機会に「やろうぜ管カラ!」はじめてみませんか?!
 

「やろうぜ管カラ!」をはじめてみる

記事の一覧に戻る