< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

年末にやっておきたい!楽器の大掃除。お手入れ方法を改めて確認しませんか?

今年もあとわずかですが、この時期に済ませておきたい大掃除。
この機会に自己流だった楽器のお手入れ方法の再確認や、ちょっと気合を入れたメンテナンスをしてみませんか?
今回はいろいろな楽器のお手入れについてご紹介します。

楽器別お手入れ方法

〇:通常のお手入れ方法
◎:+α のお手入れ方法

アコースティックギター

201712221241_1.jpg
〇基本はカラ拭き。
弾き終わったら楽器用のクロスで乾拭きを!
それでギターは長持ち!

楽器解体全書「アコースティックギターのお手入れ 基本的なお手入れは?」を見る

201712221241_2.jpg
◎弦の交換や指板にオイルを。
弦を交換するときに、指板にオイル(レモンオイル又はオレンジオイル)オイルを塗るのがおすすめ。
過度の乾燥を防ぎます。

楽器解体全書「アコースティックギターのお手入れ 覚えておきたいお手入れ術」を見る

フルート

201712221241_3.jpg
〇管体、タンポの水分を取る。酸化による変色を防ぐためにクロスで表面の汚れを拭く。
演奏後にクリーニングロッドで管体の水分を取り除きます。
※クリーニングロッドの先端にある金属部が露出しないようにするのがポイント。
また、タンポが湿っている時は、タンポとトーンホールの間にクリーニングペーパーを挟み水分を完全に取り除きます。

楽器解体全書「フルートのお手入れ 演奏後のお手入れ」を見る

◎トーンホールやキイなど細部へのお手入れも。
トーンホールはトーンホールクリーナーを使って細かい部分まで掃除をしましょう。
キイは自然にネジが緩むことがあるので、具合をチェックし緩んでいる場合は締めておきましょう。
キイの動く部分にキイオイルを少しさしてください。さしおわったらオイルがなじむように動かします。
※オイルのつけすぎには注意!

楽器解体全書「フルートのお手入れ 定期的に行うお手入れ」を見る
■管楽器関連のお手入れグッズはこちらから

「管楽器用 お手入れ用品」を見る

ピアノ

201712221241_4.jpg
〇表面のほこりを払い、柔らかい布で拭く。
気が付いた時に、塗装してある表面や鍵盤のほこりを軽く払いましょう。
鍵盤は柔らかい布でカラ拭きしましょう。

楽器解体全書「ピアノのお手入れ 家庭でできるお手入れ」を見る

日ごろのピアノのお手入れ方法がまとまっているWeb音遊人の記事も参考になります!

Web音遊人「日ごろからできるピアノのお手入れ」を見る

◎よごれが気になる時は専用のクリーナーを!
塗装によって、対応クリーナーが異なりますのでこちらをご覧ください。

よくあるお問い合わせ(Q&A) 「【ピアノ】塗装面のお手入れ方法は?」を見る

201712221241_5.jpg
■ピアノ関連のお手入れグッズはこちらから

「ピアノ用 お手入れ用品」を見る

エレクトーン

【エレクトーンのお掃除しましょ♪】 年末年始に向けて、いろいろと忙しくなるこの季節。 今のうちにエレクトーンをピカピカにお掃除しちゃいましょう♪ エレクトーンのお手入れは、柔らかい布などで乾拭きが基本です。汚れがひどい場合は、水で薄めた...

エレクトーンステーションさんの投稿 2017年11月25日(土)
〇鍵盤やパネルを柔らかい布で拭く。
エレクトーンのお手入れも基本はやわらかい布でカラ拭!

◎設置場所についての注意点をこの機会に再確認してみては?
「長時間、直射日光の当たる場所に置かない」、「テレビなどの電気製品の近くで使用しない」、「壁から3cm以上離す」

楽器解体全書「エレクトーンのお手入れ これだけは覚えておきたい注意点」を見る

家の大掃除と一緒に愛用の楽器のお手入れもぜひよろしくお願いします!!

記事の一覧に戻る