< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

はじめての電子ピアノ選び① 電子ピアノの「音」に関する知恵袋

はじめての電子ピアノ選び① 電子ピアノの「音」に関する知恵袋

ピアノレッスン用の電子ピアノをはじめて選ぶときにどんなポイントで、何を選んだらよいのか悩んでしまいますよね。
音や鍵盤で選ぶのはもちろん、いつもお部屋にあって毎日使うものなので、インテリアにマッチするサイズや色、デザインも大切。あなたにピッタリの一台を見つけるコツをご紹介します。

電子ピアノ選びで一番大切なのはピアノの「音」。でもその「音」は、メーカーや機種によっていろいろ違います。
もしお店に行ったら、自分にとってよい音を確かめてみましょう。

音の聴き比べをしてみよう!

電子ピアノで一番使う「ピアノ」の音で、いろいろ比較することがオススメ。まずは、鍵盤を1音「ポーーーン♪」と音が消えるまで押し続けて弾いてみましょう。
音の伸びが自然か、急に音が消えることなく自然に消えていくかが、チェックのポイント!

メーカーによって、 ピアノの音って違うんですか?

どのメーカーも、グランドピアノの自然で豊かな響きを目指していますが、それぞれ音源が違うので、音の傾向も違います。
ヤマハでは、選びぬかれた1台のコンサートグランドピアノから録音(サンプリング)された音源が使われています。
ピアノは、弦やハンマー、響板が一緒になって響きをつくり出しているので、1台のピアノから収録することがとても大切なんですね。また、低い音から高い音まで、音域による音量バランスもこだわってつくられています。

強弱による音色の変化をチェックしよう!

コツは、できる限り弱い音から、どんどん強くしながら弾いてみましょう。音の強弱の差がきちんと表現されているかが、チェックのポイント!

レッスンをはじめたばかりの子どもは、音にそれほどこだわらなくてもいいの?

201802011900_1.jpg

4~6歳くらいのお子さまは、耳が一番成長する大切な時期ですので、表現力が高くアコースティックピアノに近い自然な音で練習することが、とても重要になります。
楽器の音を最適な状態で確認するには、イスに座った位置で響きを確かめることも、チェックのポイント!

「はじめての電子ピアノ選び② 電子ピアノの「鍵盤」に関する知恵袋」を見る

「はじめての電子ピアノ選び③ 電子ピアノの「デザイン・機能」に関する知恵袋」を見る

記事の一覧に戻る