< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

クラシックとジャズ。その垣根を軽々と飛び越える世界的トランペット奏者、アレン・ヴィズッティ氏のトーク&コンサート ~2018年1月24日開催~

JR大阪駅から徒歩数分。抜群のロケーションを誇る「うめきたSHIPホール」で、2018年1月24日(水)に、「アレン・ヴィズッティ トーク&パフォーマンス」が開催されました。

アレン・ヴィズッティ氏の経歴やその凄さについてはこのページでもご紹介させていただきましたが、そのヴィズッティ氏のトークと生演奏が聴ける!ということで、会場には大変たくさんのお客様が詰め掛けました。

記事1リンク

記事2リンク

記事3リンク

201802161817_2.jpg

司会による紹介のあと、ヴィズッティ氏は日本を代表する歌曲「さくらさくら」を演奏しながら入場!粋なパフォーマンスと美しい音色で、いきなり聴衆をノックアウトしました。それもそのはず、来日回数を尋ねると、日本語で「48回です」との回答。さすがです。

長年にわたって高いレベルでのパフォーマンスを維持する秘訣は?

「一番やらなければいけないことは、毎日ちゃんと練習すること。それと同時に、常に美しい音色で音楽を演奏するということをしっかりと考えていくことが、高いレベルで演奏を続けていく秘訣だと考えています。もちろん、いい楽器を使うことも重要です(笑)」と言って掲げてくださったのは、ヴィズッティ氏が開発協力したヤマハカスタムトランペット《限定品》YTR-9335VS。

201802091136_3.jpg
1980年からスタートしたヤマハとの関係。ちょうどヘビータイプの楽器の開発が始まったころでもあり、その流れを現在のヤマハトランペット開発スタッフの一人である福田徳久氏(ヤマハ株式会社)が解説。今日に至るまで様々なモデルがリリースされました。ヴィズッティさんが使い始めた最初のモデルは、1986年に発売されたYTR-8335HS。それ以降、その時代の最新モデルを使用してヤマハアーティストとして活動してこられたそうです。

201802081745_1.jpg

自身が開発協力したモデルへの想い

現在お使いのYTR-9335VSについて、ヴィズッティ氏の熱い想いを伺いました。

「このYTR-9335VSは、フェラーリみたいなもの。「末尾の「VS」は、"Vizzutti"の"V"と"Silver"(銀メッキ)の"S"と考えるのが基本なのかもしれませんが、私にとっては"Versatility"(多才、多様性)の"V"と"Sound"の"S"です。

様々なジャンルを超えて、様々な音楽を演奏するのですが、それぞれの音楽の持つ特徴というものをこの楽器であれば十分に聴衆の皆さんにお伝えすることが出来る。私の今までの人生の中で"Best"のB♭管トランペットです。

音楽に真剣に取り組んでいるハイレベルなアーティストにとって、まさに「ワールドクラス」のトランペットといえるのがヤマハのカスタムトランペット。もちろん、ヤマハが作っている低価格帯のスタンダードシリーズの楽器にも誇りを持っていて、多くの子供たちがそれらを使っていることを誇りに思います。

皆さん同じトランペット奏者とは言えひとりひとり同じではありませんし、使っているマウスピースも違います。カスタムの中でも最高峰の9000番台にこのYTR-9335VSがあるということで、皆さんの選択肢を広げるといった意味でとてもいい楽器だと思っています。」
201802081751_1.jpg

皆さんにぜひ試していただきたい

進行役「ヴィズッティさんがYTR-9335VSをお勧めするとしたらどんな方でしょうか?」

皆さんです。多くの方にまずは試していただきたい。この楽器を試すことで、この楽器が持つ多様性を感じてもらうことが出来ると思いますし、本当にいろいろなことが出来るということを感じてもらえると思います。このあとのコンサートでそのことを直接皆さんに感じていただけることを祈っています(笑)。」

以上で、ヴィズッティ氏とヤマハスタッフのトークセッションは終了。その後の休憩では多くの来場者が特別に展示されたヤマハトランペットを試奏し、会場は大いににぎわいました。

続いては「ミニ」とは名ばかりの聴き応え十分のミニコンサート。ヴィズッティ氏のオリジナル曲を中心に、共演のピアニスト大山宮和瑚氏と素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれました。
201802081806_1.jpg
201802081806_2.jpg
アンコールでは・・・ヴィズッティ氏の十八番ともいえる「ヴェニスの謝肉祭による変奏曲」。クライマックスでの細かいタンギングをしながら楽器を回転させて最後には投げ上げる!というお馴染みのパフォーマンスも健在。最初から最後までどっぷりヴィズッティさんの魅力を堪能できたあっという間のイベントでした。

201802081806_4.jpg

アレン・ヴィズッティさん開発協力モデル

201802091136_4.jpg
ヤマハカスタムトランペット「YTR-9335VS」の製品情報を見る
 

文:SNS "Yamaha Wind Stream" 中の人

写真:嶋田明 (最初の一枚を除く)

記事の一覧に戻る