< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

2018 NAMM Show 現地レポートまとめ

ヤマハ音楽部のタケです。

2016年、2017年に続いて、今年もヤマハ音楽部は1月に楽器のトレードショー「2018 NAMM Show」に行ってきました!


世界最大級の楽器イベントであるNAMM Showですが、公式発表によると、今年は約2,000社(昨年は1,779社)、来場者は11万人を超え、出展社も来場者も過去最高を更新したそうです。

 

SNSチーム「ヤマハ音楽部」では、現地で記事を配信したり、たくさん写真を撮ってきたので、そのなかからまとめてお伝えしますね (^O^)/

ヤマハ音楽部からのレポート

【楽器の祭典! 2018 NAMM Show】 タケです。アメリカはカリフォルニア州アナハイムにて、楽器のトレードショー「2018 NAMM...

ヤマハ 音楽部さんの投稿 2018年1月25日(木)
201803201511_1.png
長年ヤマハのエレキベースを使っている、Mr.Bigのビリー・シーン。

Line 6のプロスペックなギタープロセッサー「Helix」を使っているそう!



ビリーの動画はこちら↓

 

201803201518_1.png
新しく発売されたばかりのエレクトロニックアコースティックドラムモジュール「EAD」。

話題の新製品に、ミニセミナーはいつも満員で、みなさんの関心の高さがうかがえました。


 

201803201518_2.png

黒と白のスツール(※非売品)。ギターなどの楽器を練習するとき用に、自宅にも欲しくなっちゃいますよね……

 

201803201518_3.png

EarthQuaker Devicesのブース。

エフェクターがたくさん並んでいると、無性に物欲が高まってしょうがないです……(笑)
 

 
  
2018 NAMM Show Report

【ヤマハブースの様子 / 2018 NAMM Show】 Hi!タケです。いま、カリフォルニア州はアナハイムで開催中の楽器ショー「NAMM Show」に来ています!高校生のときから憧れのイベントだったので、個人的に感無量な場所です。世界中からたくさんの楽器ファンが参加していて、音楽が好きな人が集まっているから「ここにいるみんな仲間だな~」と勝手に親近感を持ってしまいます (=´∀`) さて、ヤマハブースはこんな感じ (^O^)/ ヤマハバイクとのコラボあり、鍵盤を弾くとLEDディスプレイが反応するピアノがあったり、みなさん楽しく笑顔で試奏・試弾・試叩しているのが印象的でした。楽器好きにとってはまさに楽園のイベント。ここは自分の居場所だなぁ、とひしひしと感じてしまいます (^-^)

ヤマハ 音楽部さんの投稿 2018年1月27日(土)

【懐かしのモデルも! / 2018 NAMM Show】 タケです。NAMM Showでは、ヤマハの新製品だけではなく、むかしのシンセサイザーやクラビノーバも展示してあって、なつかしの音色をみなさん自由に試弾していました (^-^) また、会場では、マーシャルやジルジャン、アースクエイカーデバイセスなどヤマハミュージックジャパンで取り扱っている海外ブランドのブースもたくさん発見!

ヤマハ 音楽部さんの投稿 2018年1月27日(土)

ヤマハ音楽部だけではなく、いろんなアカウントからツイートも!

 

来年も現地からレポートしたいと思いますのでお楽しみに (^O^)/

ヤマハ 音楽部

記事の一覧に戻る