< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

楽器とおしゃれに暮らしたい!① お子さんが使う電子ピアノをリビングに置くポイントとは?

春は新しいことを始める人が多いシーズン。ピアノを始めようかな、と思う方にとっては、楽器の置きかたを悩むことも多いのではないでしょうか。
今回から3回にわけて、「電子ピアノをお子さんの演奏を聴けるリビングに置く場合」、「一人暮らしの部屋に置く場合」、「ご夫婦2人の落ち着いたリビングに置く場合」、のレイアウトやインテリアのポイントを楽器の色の選び方とあわせて、ひとつずつご紹介していきたいと思います。

初回は、家事をしながらお子さんの練習の確認ができる「リビングに電子ピアノを置く場合」のレイアウトのポイントや楽器色の選び方から。
201803221623_2.png

電子ピアノにはどんな色があるの?

ヤマハの電子ピアノ、ARIUS(アリウス)シリーズにはアコースティックピアノを彷彿させる「黒鏡面艶出し仕上げ(PE)」やスタイリッシュなお部屋にも合う「ホワイト調仕上げ」などの豊富なカラーバリエーションがあります(バリエーション展開は機種により違いがあります)。
そして、インテリアに馴染む楽器の色選びのコツは、床の色や家具の色に合わせること。
なので、最近のマンションに多いホワイト調の床材や人気の北欧テイストのお部屋に合う「ホワイトアッシュ調仕上げ(WA)」の電子ピアノには根強い人気があります。アッシュは“灰”を意味する言葉ですが、すこしだけくすんだ感じの白色をしているため、お部屋に置いてもインテリアに溶け込み、また木目調の触感も温かみを感じさせます。
 

ヤマハARIUS(アリウス)のサイトでカラーを調べる

アリウスYDP-163WAを12畳リビングにレイアウトする際には?

では実際に、アリウスYDP-163WAをリビングに置く例をご紹介。お部屋にある大型アイテムとしては、ダイニングテーブルとイス、ソファ、TVボードに載せたTVなどがありますが、そこへ幅が150cmくらいある電子ピアノをどう配置するかが一番の悩みどころ。
解決のポイントは、ダイニングテーブルとソファの両方を置かずに、その両方を備えたカフェ風のソファダイニングテーブルを置いて、空いたスペースに電子ピアノを置くというレイアウト案です。
201803221623_1.png
さらに詳しいレイアウトのポイントやインテリアのアイディアの続きは「RoomCo(ルムコ)」のサイトで見ることができます。またレイアウトされた家具やインテリア小物はそのまま購入もできるという便利なサイトです。

「ピアノのレイアウトとインテリアのポイント(ルムコ)」を見る

ルームコーディネート・アプリ「RoomCo AR」を使って自分の部屋でもイメージ!

部屋置きのポイントがつかめたら、実際に自分の部屋に、YDP-163WAを置いた感じを掴んでみましょう。スマホ用の無料アプリ、「RoomCo AR(ルムコエーアール)」を使えば簡単。
スマホのカメラに映し出された自分の部屋に3Dデータの楽器や家具などを実物大で配置して試着感覚で簡単にインテリアイメージを見ることができます。
下の写真は「会議室に電子ピアノがあったら......」をRoomCo ARで撮影してみました。結構リアルです。
楽器アイテムは電子ピアノだけでなく、アコースティックピアノや防音室まで対応しています。

201803301636_1.jpg

シリーズ第2回の記事はこちら↓

電子ピアノがある一人暮らしのレイアウトのポイントとは?

 

アプリ「RoomCo AR」関連記事

初回公開日時:2018.04.06
最終更新日:2019.05.17

記事の一覧に戻る