< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

見慣れた楽器でもその作られ方はあまり知られていない!?何の楽器を作っているのでしょうか?(その1)

鍵盤楽器・木管楽器・金管楽器・弦楽器・打楽器。
楽器はそれぞれいくつもの工程を経て作られています。
素材選び・設計・加工・組み立て・調整などなど・・

これはある楽器ができるまでの様子です。
何の楽器を作っているのでしょうか?
r_main.jpg
 

使われている材料は?

様々な素材が使われますが、主な材質は木材。
メイプル(楓/かえで)・カステロウッド・ローズウッド・キングウッド・エボニー(黒檀/こくたん)が使われます。

r_1_1-360x90.png

r_1_2-360x90.png


木材のこの部分を使用します。
理由は、割れにくいため。
木目が縦に通っている部分を使います。
r_2.jpg

構造の一部はこのようになっています。

「ラビューム」と言われるエッジ部分、管の内側にあるブロックの削り具合が音のポイントになっています。

r_3_1.png

r_3_2.png

薄片のリードを使わず、口から出す空気をエッジに当てて気流を利用して音を出す「エアリード」言われます。

隠れたこだわり・見た目を仕上げ

ヤマハ製のこの楽器には、内側に亜麻仁油(あまにゆ)が塗られています。
水をはじき、音を良くする効果があります。

外側には、割れ防止・外観を美しくするために塗料をスプレーします。



正解は・・ リコーダー
大人の趣味のレッスンやアンサンブルでも人気の楽器です。
201804091530_1.png



 

リコーダーについて詳しく知る「楽器解体全書」

 

動画で見る樹脂製リコーダーのできるまで
「リコーダー工場見学 with 栗コーダーカルテット」

記事の一覧に戻る