< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

トロンボーンを始めたきっかけ(Z BLOG 石橋 采佳)

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

以前私の音楽のルーツという記事を書きましたが、
今回は私がトロンボーンを始めたきっかけについて書きたいと思います。
 

最初はトランペットだったんですが...


トロンボーンを始めたきっかけは通っていた小学校にあったブラスバンド部でした。
小学5年の終わりからブラスバンド部に入っていて、最初はトロンボーンではなくトランペットを吹いていました。
元々音楽が大好きだったので、誰よりもうまくなりたい一心でよく家に持って帰って練習したりしていました。
ものすごく練習していたと思うのですが、何故か一向にうまくならず...。
というか音がほとんどでず!(泣)
花形楽器なので、譜面にはたくさんメロディーが書いてあって吹きたいのに音がでないという地獄...。
自分は向いてないのかと思い、違う楽器にしようと思ったのですが他の楽器はもう余っていないという状態。
もうやめるしかないのだろうかと思い、母に相談したところ...

母:「うちにトロンボーンあるけどそれやってみる?」

私:「???」

何で早く言ってくれないの!!?とその時は心底思いました(笑)
それがトロンボーンを始めるきっかけとなったのです...。

ちなみに何故母がトロンボーンを持っていたのかというと、
「老後にやろうと思っていた」とのことです(笑)
確かに私の母はジャズが好きで、しかも自分が吹くわけではないのにトロンボーンが大好きで、
家でよくジャズのトロンボーンのCDが流れていました。
当時母はまだ40代前半。何故そんなにも早く老後の楽しみを買っていたのかは謎ですが、
その時にその楽器がなかったら恐らくトロンボーンをやるチャンスはなかったと思うので、
老後の準備を早くしてくれていた母にはとても感謝しています。(笑)

そしてそのトロンボーンなのですが、実は9月まで使っていたYSL-882Uなのです!

201901231420_1.png
YSL-823Gを購入してからはYSL-882Uは使っておらず家で眠っているので、ゆくゆくは母に返して、老後の楽しみとしてトロンボーンを教えてあげて一緒に吹けたらいいなぁなんて最近思っています。

これがトロンボーンを始めたきっかけでした。
この後中学校にあがりそこでもブラスバンド部に入部するのですが、
予期せぬ事態が起こり早くもトロンボーン人生が危ぶまれたのです...(笑)
それについはまた次回の記事でお話させて頂きたいと思います。

今日も読んでくださりありがとうございました。
また次回の更新をお楽しみに。(^^)

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

公式サイトはこちら!

 

記事の一覧に戻る