< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

2018年はどんな1年でしたか?(Z BLOG 石橋 采佳)

※2018年12月に執筆していただいたものです。公開が遅くなって申し訳ございません!


こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

もうすぐ2018年も終わりですね。
皆さんにとって2018年はどんな1年でしたか?

私は実は今年の3月まで母校でアシスタントの仕事をしていた関係で、
卒業後も2年間毎日学校に通っていたのですが、その仕事が去年度で終わりフリーの演奏者としての第一歩をようやく踏み出せた気がした1年でした!
フリーランスとしての活動はとてもとても楽しく、そして正直その分辛いこともたくさんありました。
ここ数年で思うのは、大人になればなるほど、楽しさや辛さのレベルが更新されていくということ!(笑)
これまでの人生で一番幸せ!!(辛い)というのが、毎年毎年更新されている気がします...。
辛いのも、幸せと感じられるのも、自分が常に何かと向き合い、挑戦しているからであって、
そんな環境にいれることに感謝したいと思います。

ちなみに来年の音楽面での目標は、ずばり「基礎」を改めて学ぶことです!
楽器の基礎として、クラシックの勉強を来年はもっと頑張りたいと思っています。
クラシックを学ぶことで必ず今後の自分の音楽にいい影響がでると思うので、一生懸命頑張りたいと思っていることのひとつです。

それに平行して、ソルフェージュの練習もしたいと思っています。
私、悲しいことに音大卒とは思えないほど歌が下手なのです...(泣)
この曲なんだっけ?と口ずさんでもあまり伝わらない...
シンプルなポップスのメロディーを歌ってみてもお世辞にもうまいとは言えない...
何より最近、音程をとるのが難しいフレーズなどをなるべく歌ってみるようにしているのですが、それがなかなかうまくとれないんです。
なので音大受験のときに使ったコールユーブンゲンを引っ張り出して、
ピアノを弾きながら歌ったり、移動ドでいろんなKeyで歌ったり、なんていう練習を最近しています。
これこそ音楽の基礎中の基礎なのでこれを来年も引き続き頑張っていきたいです!

歌心のあるトロンボーン奏者に!


あと最後にジャズの基礎を改めて勉強したいと思っています。
スケールだったり、オールドスタイルの歌い方だったり、
なんとなくやってきてしまったところがあるので、分からないところは分からないままにせずきちんと潰していかなくてはと最近痛感しています。
ぱっと聞きすごいフレーズや、アウトフレーズなど、そういう歌い方ができるのもすごく大事だと思うのですが、
そういうのは基礎的な歌心(スケールだけ知ってても形にならないようなオールドな曲)が吹けてこそ、だと思うのです...。完全に私の持論ですが(笑)
トロンボーンは特に、人の声に最も近い楽器と言われていますし、もっともっと歌うトロンボーン奏者になれるように、改めて勉強をしたいと思っています。

あと音楽以外の目標は、痩せることです!!(笑)
皆さんもし私がドカ食いしてたら注意してください!!(笑)

長くなってしまいましたが、今年も皆様のおかげでとても充実した1年を過ごすことができました。
お世話になりました皆様、今年も本当にありがとうございました。
来年も益々頑張っていきたいと思いますので今後ともどうぞよろしくお願い致します♪
よいお年をお迎えください。

201901251451_1.png
今年一番の思い出?、NYでの写真です(*^^*)

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

公式サイトはこちら!

 

記事の一覧に戻る