< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

おなかゆるい問題(Z BLOG 菅野 浩)

皆さん、胃腸は健康でしょうか?
 

あいつがやってきた 登校編


高校生のとき、一時限目にある生物の授業に遅刻しないようにと懸命に自転車をこぎ、電車に飛び乗った事があった。すると全力で走ったせいか汗がなかなか引かない。心臓は破裂しそうなくらいバクバク。そんな大ピンチな状態であいつは現れた。
そうだあいつだ。
あいつは朝食後すぐに訪れる時もあればなかなかやってこないこともある。
あいつがやってくるタイミングで僕の1日は大きく左右される日々が続いていた。
この日はたまたま急いで飛び乗った車内でやってきた。
次第に運動による汗が冷や汗と変わり、意識が朦朧としてきた。
もう無理。
と思って途中下車し、トイレへ。
ギリギリのところであいつと別れを告げた。
出欠に厳しい生物の授業は、この日遅刻したら単位は望めない(うちの高校は大学のような単位制で「生物」は必修科目ではなかった)。
もう生物の授業は単位落としてもいいや。ゆっくり学校に行こう。あいつと別て即座に踏ん切りがついた。
と同時に、朝は時間に追われることのない職業に就こうと思った。
やっぱりミュージシャンしかない!と決心。。
(以下略)
 

あいつがやってきた ライブ編


時は20代半ば、伊豆の某ホテルにて。
この日は夜ホテルの眺めの良いラウンジにてライブをする予定。
宿泊客が夕食を終えた頃からの演奏。
賄いをいただけると聞いていたのでとても楽しみにしていた。
リハーサルを終えて控室に戻ると、なんと豪勢な舟盛りをはじめホテルの海鮮フルコースを用意してくれているではないか!
しかしそのタイミングは本番30分前。
ゆっくり食べられる時間ではなかったので、
「ステージ後にいただけますか?」と聞いてみた。
すると板長と支配人は、
「ステージ後の時間ですと板場を閉めてしまいますので、できれば今のうちに…」
と言ってどうにも譲ってくれない。。
30分じゃ到底満足に食べきれないよ!
でも今を逃したら刺身とか食べられないのか!
しょうがない、全部食べてやる!
と決心し、箸を取った。
マグロや白身の刺身たちはふぐ刺しの様にすくわれた。茶碗蒸しは飲み物。
どれも美味しかった。
と思う。
本番前ギリギリに全て平らげた。
それからの本番。
お腹はパンパンだけど、なんとか演奏できる。
腹圧も上がって音圧も良いじゃん!
と思ったのも束の間、
あいつがやってきた。。
何曲目だかの自分のソロの後半でやってきた。
やばい。
また冷や汗かよ。
ソロをなんとか終えて、もう無理。
と思った途端、ステージを降り何かを探しに行くフリをしてトイレへ。
あいつに別れを告げ、同じ曲中に何もなかった様にステージへ戻る。
好みのリードが楽屋でも見つからなかったフリをして頭を傾げたりしてその曲を難なく終えた。。
(以下略)
 

あいつがやってきた ライブ編その2


時は30代半ば。六本木の某ライブハウスにて。
ビッグバンドでのライブ本番中、隣のサックス奏者が前のステージまでは活き活きと演奏していたのにこのステージではなんだか弱気な演奏だなと思った矢先のこと。
急にステージ裏に引っ込んでしまった。
そうかあいつか。
あいつが彼のとこにやってきたのか。
わかるよ、わかるよ、あいつな。
あいつ、空気読まないからなー。
残りは俺に任せろ!
と心を決めるも、パフォーマンス中のゲストさんが咄嗟に笑いに変えて事なきを得た。
それからだろうか、彼がそのバンドのリーダーに気に入られたのは。
これは結果往来というパターンか。
(以下略)

「あいつ」のわがままを許さないために、
食べ物の内容や、物を食べるタイミングにはとても気を使う日々を送っている。
皆さんもお気をつけて。

記事の一覧に戻る