< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

中学生時代のお話①~吹奏楽部のパート決めで落選~(Z BLOG 石橋 采佳)

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

先日、私の音楽のルーツ、そしてトロンボーンを始めたきっかけについて書かせて頂きましたがその後の音楽人生について書いてみようと思います。
前回の記事を読んでいない方はそちらから読んでみてください(*^^*)

母の老後の準備のおかげで(笑)、私はトランペットからトロンボーンに転向することができた私はその後とても楽しいブラスバンド部生活を送ることができました。
 

まさかの展開!


そして小学校を卒業して中学校にあがり、すぐに吹奏楽部に見学にいきました。
私は自分の楽器も持っているし、トロンボーンはサックスやフルートに比べたら人気がないだろうと思い込んでいたのですが、
見学に行ってみると何故かトロンボーンが絶大な人気を誇っている...。とても嫌な予感がしました。(笑)
そしてその嫌な予感は的中してしまい、身長や体格的に合っていない気がするので他のパートに移ってほしいと言われ、My楽器を持っているのにも関わらずトロンボーンパートに入ることができなかったのです...。(泣)
こんなにトロンボーンが好きなのに吹くことができないのか...と絶望しながら家路に着いたのを今でもよく覚えています。

その後何故か人気がありそうなサックスパートに入るよう先輩から言われたのですが、私は絶対にトロンボーンが吹きたかったので中学校の吹奏楽部への入部はやめることにしました。
そして中学生でも受け入れてくれる社会人の吹奏楽団を探し、無事その楽団が近所で見つかり、高校に入るまではその楽団でトロンボーンを続けようという決意をしました!
学校で吹奏楽部の練習の音が聞こえてくるとすごく悲しい気持ちでしたが、その楽団でトロンボーンが吹けることが唯一の心の支えでした。
ちなみに吹奏楽部に入るのを辞めて、帰宅部でいるのもなんだったので、運動ができない私は料理部に入っていました。(笑)

その楽団にも慣れてきた頃、なんとまた転機が訪れてしまい...
今度はまさかの引越し&転校!!でした。
人生というのはなかなか一筋縄ではいかないんだなと、中学生ながらに思った瞬間でした。
しかしその引越しのお陰で私は今もトロンボーンを続けることができている気がします。

この続きはまた次回の記事でお話させて頂きたいと思います!
 

音楽に興味を持ったのは。。。


最後に、この記事に当時の写真などがあればを載せたかったのですが、見つからなかったので小さいころの写真を載せてみます。
201902061305_1.jpg
恐らく6歳ごろだと思うのでトロンボーンはまだやっておらず、「どうぶつの森」にドはまりしていた時期だと思います。(笑)
何の話!?という方は当時の話を移転前のZ Blogに「私の音楽のルーツ」というタイトルで掲載しておりますので気になる方は是非読んでみてください♪

今日も読んでくださりありがとうございました。
また次回の更新をお楽しみに!

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

公式サイトはこちら!

石橋さんが参加している
Z EXPRESS BIG BANDの紹介ページはこちら

記事の一覧に戻る