< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

休日(Z BLOG 菅野 浩)

201902141113_1.jpgなんだか日本ではここ数年で3連休となる日が多くなったようだ。平日にあった祝日が週末や週頭に移動させられたりしている。
今年のゴールデンウィークの日程を見てビビった。見事に10連休ではないか!
いったいどうなるの日本。
 

ミュージッシャンの曜日感覚


でも僕のような基本的に日雇いミュージシャンは曜日の感覚なんてほとんど無い。
ライブに向かおうとして家を出ると、世の中の様子が違う、みんなカジュアルな服装で家族連れが楽しそうに歩いていて昼間なのに街に人が沢山いる。

なんなんだこれ。
あ、そうか、きょうは祝日なのか。ふむふむ。
と、あとで気づくことは多々ある。
ほんとに。
ライブのブッキングをする際、連休との絡みで多くの集客を見込める日というのはある。
その日メンバーがフルで集まれないので、代役(トラ)をたてて何としてでもその日にブッキングをする。
そんなことは無い。
メンバーとお店の予定の擦り合わせに重点を置いてブッキングは進むので、とても気合の入った大きなライブが、日によっては長い連休明けの平日に開催される、なんてこともしばしば。
ライブの日、何で今日はこんなにお客さん多いんだろう、と思ったら単純に休日前だったとか、あとで気づくこともある。
そんなこんなで僕らの曜日感覚は薄らぎやすい。
連休となればもちろんイベントも多く開催される。僕らはそういったところに呼ばれて演奏する事もよくある。
お店によってはお正月やゴールデンウィークなどの大型連休になると、ある特定のミュージシャンに連続で出演してもらい、毎日日替わりで他のメンバーが入れ替わるという企画を立てているところもある。
連日の出演を任されたミュージシャンの魅力を数日間で全部楽しめるとてもわかりやすいイベントとして面白いなぁと思う。
そのほか、レッスン業務も行なっているのであれば休日に集中してしまう。

つまるところ、カレンダーでの休日と僕らの休日は無関係ということ。むしろ休日に働いているので、世間的に10連休となってもいまいちピンとこない。
 

ミュージシャンの休日


僕らの休日となる日は、ぽつりと予定が入らなかった平日となるパターンが多い。
そんな休日にはミュージシャンはみんな何をしているんだろう。
僕の場合はこんなところか。
・体を休める→マッサージ、温泉、睡眠
・趣味に没頭する→映画鑑賞、散歩、遠出、飲酒
・家事をこなす→料理、洗濯、皿洗い、掃除
・練習する→休日返上自主トレ

当たり前のことだが、たいていの観光地や娯楽施設は平日の昼間はどこでも空いてる。
温泉なんて貸し切りに近い。
映画館なんて優雅なもの。
週末には長い行列ができる話題の飲食店もすんなり入れる。
平日に休めるってなんて幸せな事なんだ、と心から思っている。
こんな生活を送っていると、
行列には並ばない。
人混は避ける。
週末だけ価格が上がるところは絶対に平日に行く。
といった平日休みの利は享受して当然という習性が僕には強く備わってしまった。
 

だがしかし、ひとつ残念なのは


平日休みの利を共に享受できる友達は少ないということ。
自ずとひとり行動にはしってしまうこと。。。
一応否定しておくが僕に友達が居ないという訳ではない。
ひとり温泉
ひとり映画館
ひとり食事
ひとり呑み
ひとり練習
これらの行為は余裕でこなせるようになった。
一見寂しい人みたいだが、そんなことはない。平日の昼間から、ひとり呑みをしていても軽く見過ごしていただきたいし、河原でひとりハーモニカ吹いていても、ひとり寂れた土地を徘徊していても心配しないでいただきたい。
楽しんでおりますので。

こうしてひとり平日休みの利を満喫する術を心得ているが、あまりにも休日が長く続くのは問題で、とても不安になる。
もし10連休なんて事態になってしまったら、
もう生きていけないんじゃないかと思ってしまうほど。
学生の頃は毎日練習していないと調子が崩れると思ってとても不安だったが、
「勇気を持って休むことも大事」
と人に教わってからは出来るだけ週に1日は休むようにしている。
ある有名サックス奏者でクリスチャンだった彼は、礼拝に行くために日曜日は必ず休んでいたそうだ。
確かに休んだあとに楽器を吹くとワクワク感が増すものだ。
程よく働いて程よく休みたい。楽器楽しいし。

みなさんはカレンダー上の10連休って本当に嬉しいものですかね?
平日休みの利を享受しまくっている僕としては、公休日が10日も設定された今年のゴールデンウィークは微妙な気持ちです。
普段は週休2日で、連休はどうせなら10日でなくてひと月くらい好きな時期に休めたほうが良くないですかね?

1812_ZBlog_sugano.png菅野 浩(すがの ひろし)プロフィール
アルトサックス、クロマチックハーモニカ プレーヤー
小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」「Landmark Blue」の他、「Gentle Forest Jazz Band」「in's」などのバンドでも活動中。
近年ではクロマチックハーモニカも演奏する。

記事の一覧に戻る