< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ジャズは心で演奏を楽しむ!「はじめてのJAZZ Vol.2@ブルーノート東京」(2019年2月17日開催)

ジャズには興味があるんだけど、
・なんだか難しそう……
・どれから聴いていいかわからない
・ジャズクラブって何を着ていけばいいの?
などなど、ジャズに対して苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか?
そんなジャズへの苦手意識を持っている方へ、ジャズをもっと気軽に、身近に楽しんでもらいたいという思いから生まれたのがヤマハミュージックメンバーズのオリジナルイベント「はじめてのJAZZ」シリーズ。
今回で2回目の開催となりました。
 

第1回の開催レポートはこちら

イベント「はじめてのJAZZ」は
・レクチャー
・ブルーノート東京でのライブ鑑賞
の2部構成。
どんなイベントだったのか? その様子を簡単にご紹介します!

音楽ライター熊谷美広さんのレクチャーからスタート!

201902191447_3.jpg
今回、レクチャーの講師を務めたのは、熊谷美広(くまがい よしひろ)さん。「ジャズ・ライフ」の編集部を経て、CD解説の執筆を中心に活動。執筆だけではなく20年以上も続くセッションイベント「JAM FOR JOY」のプロデュースや、ジャズ番組のアドバイザーとしても活躍しているベテラン音楽ライター。
レクチャーの会場はブルーノート東京の近くにある、小原流会館地下2階「エスパスII」。
熊谷さんの軽快でわかりやすいトークで、ジャズの歴史をはじめ、演奏やジャズクラブの楽しみ方など、音源を交えてレクチャーしていただきました。
ジャズの誕生から、ビッグバンド全盛の時代、ジャズ史上最大の革命「ビ・バップ」登場までのストーリーを時系列で知ることができました。
これまで整理しきれていなかったジャンルを歴史順に紹介してもらい、かなりスッキリしました。
特にダンス・ミュージックであったジャズから、即興演奏を中心とする観賞するための音楽「ビ・バップ」になった経緯は興味深いものでした。
 

「心で演奏を楽しむ」のがジャズ


ジャズの楽しみ方について、熊谷さんは「演奏を楽しむのがジャズ」と説明。スタンダードナンバー「枯葉」を例に、メンバー同士が音楽で会話し、リアルタイムで演奏を作り上げていくというジャズの真髄をわかりやすく解説。
観客の拍手や歓声が演奏の一部となることや、頭で考えず「グっときた」「なんか気持ちがいい」という風に、「心で楽しむ」のがライブの醍醐味と紹介してくれました。
これから生で体験するライブに期待が膨らんだところで、レクチャーは終了。
 

開演前のお楽しみ。

 
  • BNT01_360x540.jpg
  • BNT02.jpg

レクチャー会場からブルーノート東京へ移動し、受付をすませ、席につきます。
ライブが始まるまでの時間は料理やドリンクに舌鼓。 参加者のテーブルを回る熊谷さんとライブ前の会話などを楽しみました。
ここで、ブルーノート東京のお楽しみの一つをご紹介します!
公演ごとにオリジナルレシピで作られるカクテル。今回の公演でのオリジナルカクテルはこちら!

coka.jpg

YUZU Lateef

京都産のクラフトジンに柚子を合わせ、グレープフルーツのスッキリとしたジュレがアクセントになった一杯。
甘みと苦味と酸味のバランスが絶品の爽やかなカクテルでした!

大西順子 presents JATROIT featuring ロバート・ハースト & カリーム・リギンス

201902191447_4.jpg

写真提供:ブルーノート東京 撮影 : 古賀 恒雄

大きな拍手の中、大西順子、ロバート・ハースト 、カリーム・リギンスが登場!どんなライブになるのか?わくわくする瞬間。
ここでちょっとしたアクシデント! ベースのロバート・ハーストの譜面台に楽譜がない! スタッフが持ってくる前に、ドラムのカリーム・リギンスがリズムを刻みはじめ、それにこたえるように大西順子がピアノを奏で、間をつなぎます。これぞ即興演奏! 音楽での会話! これぞジャズ! という演奏でライブがスタート!
デトロイト出身の凄腕なリズムセクションと日本を代表するピアニストによる圧巻の演奏は、あっという間の約70分。
この日、この瞬間にしか聴くことができない演奏を「心で楽しむ」ことができました。
 

ブルーノート東京オフィシャルサイトのライブレポートもあわせてご覧ください!※2月16日 2ndショーのレポート

参加者の声

今回のイベントに参加されたみなさんの感想をご紹介します。
「また来たいです。心からきくことが出来ました。楽しかったです。」
「なんでも質問しやすい雰囲気がよかったです。」
「ジャズっておもしろい」
「レクチャー付だったので、初めてのブルーノートも楽しむことが出来ました。」
「初めてのジャズライブを体験、想像以上にのめりこむ事ができました。先生の講義もとても興味深く楽しめました。」

みなさんご参加ありがとうございました!
また次の機会にお会いできたらと思います!!
<開催概要>
はじめてのJAZZvol.2 ~レクチャーとライブ鑑賞で、ジャズにひたる午後~
開催日:2019年2月17日(日)
会場:小原流会館地下2階「エスパスII」(レクチャー)、ブルーノート東京(ライブ)
講師・ナビゲーター:熊谷 美広(音楽ライター)
ライブ出演:大西順子(ピアノ)、ロバート・ハースト(ベース)、カリーム・リギンス(ドラム)
料金:プレミアム会員:8,000円、スタンダード会員:9,500円
定員:40名

記事の一覧に戻る