< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

音楽媒体のあれこれ~リスナー編~(Z BLOG 菅野 浩)

LP、カセットテープ、 CD、MD、DAT、MP3プレーヤー、配信、ストリーミング配信、USBスティック、音楽を聴くための手段はたくさんあるがみなさんどれがお好みだろうか?
 

僕が学生の頃


僕が学生の頃の「聴くもの」はLPからCDへ移行した時期。
「録るもの」はカセットテープからMDへ移行した時期だった。
マニアな盤を所蔵している図書館やDisk Unionの中古コーナーは定期的にチェック。
試聴コーナーにあるプーンと臭ってきそうなヘッドホンも何の抵抗もなく耳にはめた。
CD全盛のころ、友達の家に遊びに行ったときには、CDラックを隅々までチェック。
聴きたいものがあるとすかさず、これ聴かせて!とお願いして借りれるものは借りて行った。
以後、返却し忘れて何年も経って我が家のCDラックに自然に溶け込んだCDは何枚かあるだろうが、その区別はつかない。。またその逆も然りで、人に貸して返ってこないCDもたくさんある。。

MDが発売された時は、その手軽なサイズと、自分の音を録音できて頭出しやタイトルもデジタル画面で設定できる斬新さからかなり使い倒した。CDを丸ごとMDに移してそれを持ち歩いたりもした。
カセットに次ぐMDのような簡易レコーダーは、僕らにとって自分の演奏を客観的に聴くことのできる反省材料として重宝される。
「聴くものと録るもの」は、
「CDとMD」だった。
 

「CDとMD」から。。。


その後、今では定番になったmp3プレイヤーとICレコーダーが革命的な登場を果たす。
CDをmp3に圧縮すれば少ないデータ量で多くの音源を持ち歩ける。
iPodなどのmp3プレイヤーを持ち歩き、どこでも手軽に聴けるようになった。
一部ではそれらのデータの私的交換会を開いてる者もいた。
“共有する”という言葉を頻繁に使うようになったのはこの頃からか。
iriverのICレコーダーはいつもカバンに入っていた。
「CDとMD」は、
「“mp3などのデータ”と“ICレコーダー”」へと移行した。
 

次に来たのは配信販売。


これはついつい買ってしまう。
定額で無数の楽曲を聴くことができるストリーミングサービスが流行っているが、まだどことも契約していない。
配信販売と並行してYouTubeのような動画の無料ストリーミングサービスがある。
自分の演奏はスマホで録音。
このようにして
「聴くものと録るもの」の関係は、
「スマホのみ」
になってしまった。
あ、時折CDを買うので、
 「スマホ時々CD」
か。

質を気にしなければ商品として作られた録音物を無料もしくは安価で手軽に聴ける今日の環境は、リスナーにとっては大変良いことではないか。
音楽を専業にしている僕にとっても幅広いジャンルの音楽を簡単に聴くことができるのでとても良いことだと思う。
最近ではLPという選択肢も再興してきた。

音のデータ量が少ないmp3で満足できる時もあれば、ストリーミングでも良いときもある。もっといい音で聴きたければ、CDやLP、ハイレゾでも良いし、我慢できなければライブに行けば良い。

選択肢多くて良い時代だなと思う。

今回は、僕の音楽媒体の変遷を一人のリスナーの視点から振り返ってみましたが、次は演者側から考えてみようと思います。(演者編へつづく)

1812_ZBlog_sugano.png菅野 浩(すがの ひろし)プロフィール
アルトサックス、クロマチックハーモニカ プレーヤー
小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」「Landmark Blue」の他、「Gentle Forest Jazz Band」「in's」などのバンドでも活動中。
近年ではクロマチックハーモニカも演奏する。

【ライブスケジュール】

DUO with the guitar
2019年3月26日(火)@横浜「491HOUSE」
Alto Talks
2019年3月27日(水)@渋谷「SWING」
LANDMARK BLUE
2019年4月21日(日)@横浜「491HOUSE」

公式サイトのライブスケジュールはこちら!

記事の一覧に戻る