< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ギタリストの夢が叶った?!「憧れのフルスタックで弾く! Marshallアンプ 爆音セッション大会」(2019年3月23日開催)

ギタリストの夢が叶った?!「憧れのフルスタックで弾く! Marshallアンプ 爆音セッション大会」(2019年3月23日開催)

憧れのマーシャル・フルスタック

ヤマハ音楽部のけんです。2019年3月23日(土)に、「憧れのフルスタックで弾く! Marshallアンプ 爆音セッション大会」が開催されました。
英国で誕生し、数々のロックギタリストの名演をともに作り上げてきたマーシャルアンプのフルスタック(アンプヘッド、スピーカーキャビネット×2の3段積みの構成のこと)。
このイベントは普段なかなか鳴らすことができない、「ロックの代名詞」といえるこのマーシャル・フルスタックを存分に体験してもらいたいという想いで企画されました。
さてどんなイベントになったのか、レポートしていきたいと思います!

マーシャルの壁!圧巻の風景がそこに

mar_main2.jpg
本番前に行われたサウンドチェック。会場に入り、一番最初に目に入ってきたのがこの「マーシャルの壁」。フルスタックが5セット並べられたステージの風景に大感動!5モデルのフルスタックが並ぶ機会はなかなかないんです!これはすごい!
そして、音も大迫力!マーシャルのフルスタックの一番「カッコイイ」音を体験してもらうべく、スタッフ一丸となって調整が繰り返されました。仕上がった音はまさに「ロック」そのもの!!

爆音セッション大会スタート!

会場準備も整い、いよいよ開演!
今回のイベントは、2部構成。一般参加のギタリストによる演奏(第1部は3組、第2部は4組)とゲストのROLLYさんによるスペシャルライブのセットが2回行われました。
ROLLYさんが登場し、このイベントの趣旨を熱く語ります。

mar_rollytlk.jpg 「憧れの海外バンドの後ろにいつもあったマーシャルの壁。当時マーシャルのアンプは高嶺の花だった」
「このイベントはギタリストの夢を叶えるイベントです!」
と!
そして、今回のイベントをサポートするハウスバンドのメンバーをROLLYさんが一人ひとり呼び込みます。
ハウスバンドの皆さんは、ベース 安達さとしさん、ボーカル haruさん(from universe)、ドラム SASSYさん、そしてキーボード 船本泰斗さん。

house.jpg 写真左から船本泰斗さん、haruさん(from universe)、ROLLYさん、安達さとしさん、SASSYさん さぁいよいよ一般参加者の演奏です!!
緊張をほぐすようなROLLYさんによる紹介から演奏がスタートし、演奏後にROLLYさんからのインタビューを受けるというスタイル。
初めて人前で演奏するという方や普段はギターを弾いていないという方、サークルの後輩と参加した方などなど、みなさん熱演を披露してくれました!
演奏後ROLLYさんのインタビューでは、一人ひとりのライブ演奏のポイントを丁寧にコメント。時に、ギター談義やジャパメタ談義に発展し会場は笑いに包まれました。

ROLLYさんによるスペシャルライブ!

mar_rolly.jpg
各部の最後はROLLYさんによるスペシャルライブ。
マーシャルアンプ発祥の地である英国生まれの名曲に独自の日本語の歌詞、アレンジを施したセットリストを披露。その内容はロック、ロックギター、そしてマーシャル・フルスタックのおいしいとこ取りのROLLYワールド全開!弾きまくる弾きまくる!大感動。これですこれ。ロックギターのかっこよさがギュギュっと凝縮されてました!
特筆すべきはマーシャル・フルスタックを使った名演として名高い「パリの散歩道」(北アイルランドのギタリスト ゲイリー・ムーアの曲でフィギュアスケートの羽生選手の使用曲としても採用された)。泣きのギターやフィードバックは鳥肌モンでした!
ラストは「ロックン・ロール」(レッド・ツェッペリン)!ジミー・ペイジ風のアクションを炸裂させるROLLYさんに、会場全員が総立ちになり、狂熱のライブは幕を閉じました。

夢を叶えたギタリストの皆さん!

  • mar01.jpgシギハラさん、人生初の人前での演奏がフルスタック!「新しい世界が開けた!」(本人談)
  • mar02.jpgツツミさん、JCM900をフルテンで勝負。「ジミー・ペイジの雰囲気出てた!」(ROLLYさん談)
  • mar03.jpgタカダさん、普段は吹奏楽団でトロンボーンを担当。リッチー・ブラックモアを意識した衣装での熱演!
  • mar04.jpgハセガワさん、フィードバックがバッチリなタイミングでかっこよかった!
  • mar05.jpgウチダさん、今回唯一の女性ギタリスト。「良いフィーリングでした!」(ROLLYさん談)
  • mar07.jpgサトウさん、普段は軽音楽部の顧問。マイケル・シェンカー愛が炸裂してました!
mar06.jpgヤナギサワさん(左)と同じサークルの後輩、今回唯一のツインギターでの参加。ROLLYさんとギター談義で大盛り上がり。

参加者の皆さんの声

・マーシャルの大きな音もさることながらギターのいろいろなお話しがきけて楽しかったです。
・ギターは弾かないけれど、マーシャルアンプの爆音をあびれるのは良い経験でした。
・MC、ゲストライブ、セッション、すべて楽しかった。
・今日はすごく貴重なイベントをありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです。
・素人の人がギターを演奏するのを見て音楽って本当に楽しいなと思いました。
・マーシャル3段の音圧をきけて良かった。

参加してくださったギタリストのみなさん、聴きに来てくださったみなさんありがとうございました!
また次の機会にお会いできたらと思います!!
<開催概要>
憧れのフルスタックで弾く! Marshallアンプ 爆音セッション大会
開催日:2019年3月23日(土)
会場:ヤマハ銀座スタジオ
出演者
・司会・ゲスト: ROLLY
・ハウスバンドメンバー:安達さとし、haru (from universe)、SASSY、船本泰斗
料金
・セッションあり:プレミアム会員 3,500円、スタンダード会員 5,000円(※学生は2,000円)
・ セッションなし(ライブとセッションの鑑賞):プレミアム会員 1,000円、スタンダード会員 1,500円
定員:セッションあり:10組様、セッションなし(ライブとセッションの鑑賞):50名様
マーシャルの壁のラインナップ:
2555X(スピーカーキャビネット:2551AV+2551BV)
JVM210H(スピーカーキャビネット:1960A+1960B)
JCM800 2203(スピーカーキャビネット:1960AV/1960BV)
JCM900 4100(スピーカーキャビネット:1960A+1960B)
1959SLP(スピーカーキャビネット:1960AX/1960BX)

記事の一覧に戻る