< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

九州ライブ~福岡編~(Z BLOG 石橋 采佳)

時間が経ってしまいましたが、
「九州ライブ~佐賀編~」という記事の続きで、
今回は福岡編を書かせて頂きたいと思います!
2月末に地元の福岡へ帰省の際に2本ライブに参加させて頂いたのですが、
1日目が佐賀、2日目が福岡という流れでした。
よければ佐賀の記事も合わせて是非ご覧ください。

今回福岡で演奏をさせて頂いたお店は、
福岡市内にある「Backstage」というお店です。
前回の記事でも少し書かせて頂きましたが、私が高校3年生の時に通っていたお店で
ここでジャズのいろはを学びました。
私の大切なホームグランドです。

shibashi_3_1_1.jpg
Photo by: yuki chiba

新しい形のビッグバンドクリニック


そして今回のライブはただのライブではなく2本立てで、
昼の部はビッグバンドクリニック、夜の部はコンボでのライブという形でした。

昼の部の講師は、今回ニューヨークから一時帰国中の宇関陽一さん。
宇関さんは私が学生時代に参加していた「早稲田ハイソサエティーオーケストラ」のOBで、
私が現役の時にも大変お世話になったピアニスト、コンポーザーです。

普通ビッグバンドのクリニックというのは既存のバンドが課題曲を予め練習しクリニックを受ける、
というのがよくある流れだと思うのですが、
今回は特定のバンドに限定せず、様々なところから受講生を募集したそうです。
なので受講生は九州を中心に学生や社会人、楽器初心者~プロまで様々な人が集まりました。

九州には関西や関東に比べて学生ビッグバンドの数が少なく、
バンド同士の交流もなかなか少ないというのが現状のようです。
なので様々なバンドや年齢の人たちが集まることによって
またそこから新しいバンドだったり、企画が生まれるといいなという希望から
この新しい形のビッグバンドクリニックを今回リーダーでトランペットの荒牧さんが企画したそうです。

クリニックの様子。
shibashi_3_1_2.jpg
shibashi_3_1_3.jpg
私は受講生の方々に交じって一緒に演奏しました。  
今回演奏した曲は
・The Queen Bee
・Strike Up The Band
・April In Paris
という王道の3曲。

クリニックは、宇関さんのNYでのお話も交えながら
ジャズ、というよりかは音楽の基礎についてお話をされていました。
基礎とはいえ、私も改めて学ぶことばかり。
そして、あえて深すぎるところには話を突っ込まず、
その場で、そのメンバーで、今できる限りのベストな演奏をするためのアドバイスをしているのが印象的でした。
 

演奏が変わる場面


そしてこのバンドなのですが、コンボのライブの前にオープニングアクトとして
クリニックを受けた3曲を披露するとのこと。
最初は演奏が途中で止まったりせず最後まで通るのだろうか...!?というレベルで物凄く不安でした。
ですが宇関さんの素晴らしいクリニックと、受講生の皆さんの凄まじい集中力で、
たったの数時間でガラッと変わり、本番は見違えるほどいい演奏ができたと思います。

特に、演奏には参加せず聞いていた宇関さんが途中ピアノを弾いてくださった場面があったのですが、そこからバンドの雰囲気が更に変わり、それにはとても驚きました。
音楽の中に新しくいいものが加わると、音楽や楽器歴関係なく自然とそれに引っ張られて音楽がどんどん良くなっていくのが分かった瞬間でした。
よく「うまくなりたいならいいプレイヤーと一緒に演奏するのが一番だよ」だなんて言葉を聞きますがそれをきっとメンバーのみんなが実感した瞬間だったと思います。

shibashi_3_1_4.jpg
クリニックを受けたメンバーの集合写真!
そしてこの日のトロンボーンセクション!
なんと全員Yamahaプレイヤーでした♪
shibashi_3_1_5.jpg
 

3管で超ゴリゴリなナンバーを


素敵なオープニングアクトのお陰でいい雰囲気の中コンボのライブが始まりました。
この日も佐賀のライブに引き続き3管のライブでした。
宇関さんワールド全開で、ついていくのに必死でしたが、
トロンボーンの私にとってはなかなか演奏する機会のない超ゴリゴリなナンバーが続きとても刺激的なライブでした。
いやぁ、皆さんすごくかっこよかったです。

最後にメンバーの皆さんと。
shibashi_3_1_6.jpg
左から内田壮志(B)、宇関陽一(PF)、堀切川惇(DR)、荒牧峻也(TP)、石橋采佳(TB)、煙上裕人(TS)
そしてハイソ出身の4人で!
shibashi_3_1_7.jpg
そう、マスターは早稲田ハイソのOBなのです。
まさか私も同じハイソに入るだなんて高校生の時は思ってもいませんでした。

こうやって地元を離れた今でも、暖かく迎えてくれて一緒に演奏してくれる仲間がいることを嬉しく思います。
また荒牧さんをはじめ、たくさんの福岡の素晴らしいミュージシャンが九州ももっとジャズを盛り上げようと様々な企画をしていて、私も少しでも力になることができればと心から思います。
私のしばらくの役目は、東京でもっと様々な経験を積んで、
たまにこうやって地元に帰り、東京で学んだことを伝えられたらいいなと思いますし、
近い将来、東京からメンバーを連れて九州でライブをしたりなんかもできたらいいなと思っています。
特にBackstageには本当にお世話になったので、これからは私が少しずつ恩返しできるようになりたいです。(^^)

もし皆様福岡にお立ち寄りの際は是非Backstageに足を運んでみてくださいね!
ほぼ毎日ジャズの生演奏が聞けて、ジャズ愛に溢れたマスターが営む本当に素敵なお店です。

お店のHPはこちら。
今日も読んでくださりありがとうございました!
また次回の更新をお楽しみに♪

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

【ライブスケジュール】

3月31日(日) Sunny Side
4月3日(水) 小岩COCHI
4月5日(金) J Flow
4月12日(金) 蕨Our Delight
4月20日(土) 錦糸町公園 レイアロハフェスティバル
4月20日(土) 俺のフレンチ東京
4月28日(土) 新百合21ホール

 

公式サイトはこちら!

記事の一覧に戻る