< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

楽器の黄金比(Z BLOG 菅野 浩)

zblog_sugano.jpg

こないだ久々にPaul Desmondと全く同じセッティングの楽器を吹かせてもらったので、マニアなお話を。
【楽器】Selmer Super Balanced Action(SBA)
【マウスピース】MC Gregory 4A18M
の組み合わせを吹かせてもらった。
リードは当時のものが無いので、
Vandoren ZZ 2・1/2。

これはね、もうね、あっちの世界にいきなり持ってかれますね。
でもこのマウスピースをうまく鳴らすのはちょいと難しい。
ついでに楽器は調整が必要な状態だったりしてなんだか惜しい感じだった。
しかし出音はリアルにあの音だった。

 

総合的なバランスが大事


あの音色が簡単に出せる黄金比的なバランスがまさにこれなのだ。
楽器・マウスピース・リード・リガチャー・調整法。
これらの全てのバランス。
楽器・マウスピース・リード・リガチャーはお金をたくさん積めば今でもこれらのヴィンテージモノは入手可能だ。幾らかかるか知らんが。。
ここで注目したいのが調整法。
当時のリペアマンを雇うことはできない(笑)
今日では調整法の考え方、バランスの取り方は様々な考え方や手法がある。
現行品を主に扱っているリペアマンは、ヴィンテージ品のそのポテンシャルを最大限に引き出す調整は苦手とする人もいるだろう。
ヴィンテージ品の調整も守備範囲とするならば相応の知識が必要ではないかと思う。その標本となるモノの個体数が少ない上に、タンポなどの消耗品は確実に現行品。そこで何をどう思うか。使用するタンポの種類やタンポを接着するシェラックの量や取り付け方、油の種類、バネの種類、バネの付け方等々…。
タンポやバネは一つ一つは軽量だが楽器全体で使用されるため総重量に及ぼす影響は無視できない。その重量の差によって吹奏感は確実に変わる。全てそれら総合的なバランスが大事。
ということをこの数年間のあいだに学んだ。
 

次世代の音色へ向かって「進化」


話は戻って先ほどのSBAを吹いたあと僕の楽器を吹いたらとても気持ちよかった。

【楽器】YAS-82ZWOF プラレゾ仕様※
【マウスピース】Ted Klum Classic #5
【リード】Vandoren ZZ2・1/2
 

購入時の記事はこちら

キラキラしていた。
現行のYAS-62とYAS-82Zの間をいくものとしてかなり良いと思う。
今年1月に入手して早3ヶ月が過ぎた。
その間、
GFJB(Gentle Forest Jazz Band)の皆にも好評だ。
大音量のビッグバンドでも抜けてくる音。
ロックドラマーのパワフルなドラミングでも潰れない。
それでいて破綻しない音色。
且つギターとのDUOでは極小音量で痒いところに手が届く。
サブトーン質なニュアンスが出せる。
Yamahaユーザーの鈴木圭氏、福井健太氏からも良いコメントを頂いた。

ちょっと褒めすぎたかな(笑)
まぁ、僕がどんだけ気に入っているかをご理解いただければと思う。

つまり「SBA」+「MC Gregory」そのまんまの音では無いけれど、その系統での次世代の音色へ向かって確実に「進化」できた状態だと思う。
「SBA」+「MC Gregory」のような黄金比的なバランスの、次世代のセッティングが見つかることを願ってやまない。もしかしたら今の状態は不満が全く無いので黄金比かも知れない。
更なる検証を重ねなければ。
というかまだまだ探求してやる!

と、ヴィンテージ楽器を触ったあとの特有のカビ臭い手の匂いを嗅ぎながら思った。

親身になってくれるメーカーさん、リペアマンさん、販売店さん、関係者の皆様、みなさんのおかげです。
今後もよろしくお願い致します。

マニアなお話、失礼しました(^^;)
※プラスティック・レゾネーター仕様のことを略してこう言われています。

1812_ZBlog_sugano.png菅野 浩(すがの ひろし)プロフィール
アルトサックス、クロマチックハーモニカ プレーヤー
小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」「Landmark Blue」の他、「Gentle Forest Jazz Band」「in's」などのバンドでも活動中。
近年ではクロマチックハーモニカも演奏する。

【ライブスケジュール】
Z EXPRESS BIG BANDより(6pcs)
・2019年5月3日(金・祝)@池袋「西武池袋本店9階屋上特設ステージ」①13:30/②15:00
菅野浩(as) 、古屋ひろこ(Tp)、三塚知貴(Tb)、佐久間優子(Pf)、寺尾陽介(Bs)、勘座光(Dr)
LANDMARK BLUE
・2019年5月6日(月)@池袋「西武池袋本店9階屋上特設ステージ」19:00
菅野浩(as) 高田みち子(vo) 佐津間純(g)
DUO with the guitar
・2019年5月21日(火)@横浜「491HOUSE」
菅野浩(as) 佐津間純(g)
guest 上野まこと(ts)
Alto Talks
・2019年6月16日(日)@国立「FUKUSUKE」
宮野裕司(as) 菅野浩(as) 関根彰良(g) 小塚泰(vln) 橋本歩(cello)
・2019年7月2日(火)@中野「Sweet Rain」
宮野裕司(as) 菅野浩(as) 関根彰良(g) 小塚泰(vln) 橋本歩(cello)

公式サイトのライブスケジュールはこちら!

記事の一覧に戻る