< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ@名古屋&浜松(Z BLOG 石橋 采佳)

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

5月は楽しみな演奏の機会がたくさんあったのですが、
そのうちの1つが
ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラのツアーでした。
このバンドは何度も聞きに行ったことはあったのですが、
参加させて頂くのは初めてで本当に楽しみでした。
 

名古屋のブルーノートに初出演


初日は名古屋のブルーノート!

1906_ishibashi_1.jpg

私は名古屋での演奏は今回が初めてでした。
そしてこのバンド自体も名古屋のブルーノートには初出演とのこと!
1stも2ndも満席でたくさんのお客様が聞きにきてくださいました。
その中には東京からわざわざ名古屋まで来て下さったいつも応援してくださるお客様の姿も見えて感無量でした。(T_T)

1906_ishibashi_2.jpg

ステージが始まってからは、無我夢中で演奏して、終演まで本当に一瞬の出来事のようでした。
でもバンドの音楽が本当に素晴らしくて、緊張しつつもわくわくしながら演奏していました。

終演後の1枚。
1906_ishibashi_3.jpg

この日の夜はアドレナリンが出まくっていたのかなかなか寝付けませんでした。笑
 

「ジャパンバンドクリニック」で浜松へ


次の日は移動日で浜松へ向かいました!
浜松のアクトシティでは日本中から吹奏楽指導者の方々が集まる「ジャパンバンドクリニック」が行われていて、その中のイベントのコンサートに参加させて頂くためです♪
アクトシティに到着すると周辺はバンクリの参加者の皆さんなのか、すごい人!
私も楽器展示ブースへお邪魔させて頂きました。
たくさん色んな楽器が展示されていました~!!

1906_ishibashi_4.jpg

1906_ishibashi_5.jpg

夜は交流会があり、バンクリの参加者の皆様が大集合!
こんな大きな規模の交流会ははじめてでした。
噂では2,000人以上いたとか...??
これだけ人数がいるので、知り合いやお世話になった先生、憧れの指揮者の方もいてとても楽しい会でした。

次の日はいよいよバンクリでの演奏!
全国の指導者の方が聞いている...と考えると演奏前はまたもや緊張してしまっていたのですが、演奏が始まるとだんだんとその緊張もほぐれていきました。
そしてこの日のバンドも本当にいい音楽で溢れていて、
吹奏楽大好き少女だった私にとっては、この演奏で音楽の楽しさを指導者の方々に届けることで、また生徒さんがそれを受け取ってくれるといいなぁと思っておりました。
そしてこの演奏の機会は私にとっても改めて音楽の素晴らしさを知る機会になりましたし、学ぶことだらけの3日間でした。
そして「努力する」ということはこういうことなのか、と考えさせられるほど必死に食らいついて頑張った準備期間+3日間でもありました...。
(おかげでヘロヘロで帰宅後は何故か全身筋肉痛でした。笑)

オールスターの皆さんの中に入って演奏することで、
今まで気が付けなかった色んなことに気づけて、
でもその課題はピッチやリズムといった意外とシンプルなことだったりして...。
この感覚を忘れずにこれからも東京でステップアップしていきたいと思います。
本当にいい経験になりました。

1906_ishibashi_6.jpg

1906_ishibashi_7.jpg
 

浜松にあるおすすめの喫茶店


最後に!
解散後に、単身赴任で現在浜松に住んでいる父おすすめのザボンという喫茶店に連れて行ってもらいプチ打ち上げをしました~(*^^*)
今回は頼みませんでしたがパフェがたくさんあってとても美味しそうでした!
また浜松にきた時は連れて行ってもらおうと思います!笑

1906_ishibashi_8.jpg

今日も読んでくださりありがとうございました!
また次回の更新をお楽しみに♪

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

【ライブスケジュール】
6月12日(水) Warossroad Cafe
6月14日(金) J Flow
6月29日(月) 赤坂B♭ 公式サイトはこちら!

記事の一覧に戻る