< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

高校生向けの芸術鑑賞会 in 長野(Z BLOG 菅野 浩)

沢山の高校生を前に演奏


いま高校生向けの芸術鑑賞会のために長野に来ています。対象は中信地区。先月末から松本、塩尻、木曽とまわり、今週は再び松本。延べ14公演。全てGentle Forest Jazz Band(GFJB)での演奏。
ビッグバンドでこれだけ濃い日々を送るのは久々なことで、人数が多いので毎日楽しく過ごしております。
以前にも三塚知貴氏のビッグバンドで長野の北信地区の中学校をまわったことがある。この時は各学校の体育館で移動も沢山あって楽しかったなぁ。
約1時間半のステージを午前と午後にひと公演ずつこなし、16時頃には解放される。日々の生活からするとかけ離れたタイムスケジュールだ。しかし不思議と朝6時台に自然起床し、8:45にはサウンドチェックを始めている。

16時に解放されるので、夜は各々好き勝手に過ごすのだが、僕の場合、食事、散歩、飲みのヘヴィローテーション。
昼間の仕事に就いたら速攻で体壊すだろうな~。
あ、早く寝ればいいのか。。

何はともあれ毎日毎日代わる代わる沢山の高校生を前に演奏しているが、学校によって反応が様々で面白い。
僕が学生の頃には芸術鑑賞会なんて有っただろうか。有ったはずだけど何にも覚えていない。
中高生の頃は中二病をこじらせてジャズばかり聴いていて他のことにあまり興味を示さなかったからなのか、本当に記憶から消し去られている。なんてこった。。
このことを鑑みるに今回の我々の演奏ももしかしたら学生にとっては記憶に残らないものになってしまうのだろうか。

いや、そうはさせない!
 

これは遊びなのか?仕事なのか?


入念に練られたプログラムは、じつに楽しくエンターテイメントそのもの。内容は明かせないが、前半はリーダー・ジェントル久保田の奥深さを感じさせるものだ。と言うか彼のあーだこーだがとても面白い(笑)
後半は通常のライブタイム鑑賞会ヴァージョン。高校生とのやりとりもあり、これまた面白い。
リーダーをはじめメンバーは皆、常に本気モード。多感な時期の高校生には本気でなくてはならない。結果として毎回、清々しく達成感のある公演となっている。

タレントのタモリさんの名言に、
「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」
「仕事に遅刻してくるやつは許せるが、遊びに遅れてくるやつは許せない」
というのがある。
GFJBの場合、みんな真剣に遊んでいる。
ジャズでは演奏上のハプニングを楽しむシーンが多いが。このGFJBではその存在自体がハプニングのようなプレイヤーばかりだ(笑)
よってステージ上では自然の笑みで溢れる。
ん?これは遊びなのか?仕事なのか?
時折、その違いがわからなくなるバンドだ。

そんな全力で真剣に遊ぶオッサンたちを目の当たりにした1万人超の高校生たちは何を感じ、何を思うのだろう。
音楽には興味がなくとも心のどこかに今回の体験が引っ掛かっていてもらえたら嬉しい限りだ。
これから進学や就職でこの地を離れ上京する生徒も多いと思う。
どこかで見かけたら声を掛けてね。

最後に、本気で生徒と向き合っている先生方、関係者の方々に感謝致します。
残りも頑張ります!

写真は松本城

1812_ZBlog_sugano.png菅野 浩(すがの ひろし)プロフィール
アルトサックス、クロマチックハーモニカ プレーヤー
小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」「Landmark Blue」の他、「Gentle Forest Jazz Band」「in's」などのバンドでも活動中。
近年ではクロマチックハーモニカも演奏する。

【ライブスケジュール】
Totem Pole
・2019年6月25日(火)@柏「Nardis」
菅野浩(as) 紅野智彦(p) 吉田豊(b) 紺野智之(ds)
DUO with the guitar
・2019年7月23日(火)@横浜「491HOUSE」
菅野浩(as) 佐津間純(g)
guest 上野まこと(ts)

公式サイトのライブスケジュールはこちら!

記事の一覧に戻る