< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

レッスンをして感じたこと(Z BLOG 石橋 采佳)

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

季節柄ここ最近吹奏楽部の中高生にレッスンをすることが多く、
私も初心に返って色々なことを考えなおすいいきっかけとなっています。
 

出したい音のイメージを歌うように吹く


ある程度の演奏経験のある方の悩みは、私もそう遠くない過去に通ってきた道なのでいつも共感しながらそれをどうやって解決してきたか伝えるのですが、初心者の方へのレッスンをやり始めたときは「なぜできないのかが分からない」ということが時たまありました...。

私が楽器をはじめたのはもう10年以上前ですし、その時はとにかく毎日必死に見様見真似で練習し、好きな演奏を聞きまくって...という感じだったのでなかなか具体的なアドバイスをするのに考え込んでしまうことが多々ありました。

でも最近改めてアンブシュア、アパチュア、ブレス、舌の位置、力を入れていい場所そうじゃない場所、などなど見直すことによってレッスン中に少しでもコツをつかんでもらえるように努力しています。

私が最近レッスンをした初心者の方はとても力んで吹いている方が多かったので、大事な支えの部分以外はなるべく力を抜いて、出したい音のイメージを歌うように吹くようにアドバイスすると何も意識していないときに比べるととてもいい音で楽器を鳴らしてくれる方がほとんどでした!

音楽、楽器は楽しいという気持ちが一番


楽器を初めて日が浅い方は先入観も少ないので、その分飲み込むのも早い気がします。
アドバイスで出したい音がでたり、音色が変わったりした時に生徒さんの嬉しそうな顔をみるのが私にとっても本当に嬉しい瞬間です。

先入観や、変な癖がついてしまっていると、そのことについてアドバイスはできても、それをまっさらな状態に戻すのはなかなか地道で根気のいる作業だと思います。

できれば初心者の方ほど最初はいい先生に習うことができるとその先の可能性がぐんと広がると思うのですが現実はなかなかそうもいきませんよね...。

私も自己流のアンブシュアで長年やってきてしまい、大学生の時に一度音がでなくなる程の大改造をしたことがあります。 時間はかかりましたがそこで頑張って新しいアンブシュアを身に着けたお陰で、今も口を壊さず吹くことができているので変えてよかったなぁと今は思っていますが、変えている当時は中学生の時からレッスンを受けていればよかったと後悔していました^^;

でもどんなに癖があっても本人の努力次第でどうにでもなるので、まずはやっぱり音楽、楽器は楽しいとい気持ちが一番だと最近は思います。 その気持ちがないとやっぱりどうしても途中で折れてしまいますもんね。

吹奏楽部に入りコンクールでいい成績を残すためには厳しい練習はもちろん必要だと思いますが、厳しくやりすぎることによって音楽が嫌いになってしまう人が少なからずいるのはなんだか悲しいです。

また本番の直前に詰め込んで無理な練習をするのは金管楽器の場合は特に唇に大きな負担がかかってしまうので、そういう学校が少しでも減るといいなぁと私は思っています。それに気づかず、できないからと焦って無理やり練習して口を壊しかけた人を何人もみたことありますし、私も実際にその経験があります。

末永く音楽を楽しめる土台づくり


私的にうまくなるコツは、一番に音楽を好きになること、その次に練習があると思います。
是非吹奏楽部で終わってしまわず、そのあとも末永く音楽を一人でも楽しんでもらえるような土台をもっと作っていけるよう、私も精一杯、音楽の楽しさを伝えられればと思います。

最後に先日中学生にレッスンをしていて衝撃だった言葉...
トロンボーンパート全員譜面を見ずにコンクール曲を吹いていたので「全部覚えたんだね!いいことだ!すごいね!」と言ったら、1年生の子が「これくらいだったら2、3回吹けば覚えられます!小学生の時は1回通しで全部覚えてました」と言っていてこの子はどこのプロの現場からきたのか!?と思うくらいびっくりしました(笑) 若い力ってすごいですね...。

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

公式サイトはこちら!

石橋さんが参加している
Z EXPRESS BIG BANDの紹介ページはこちら

記事の一覧に戻る