< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

音楽と植物の関係性(Z BLOG 石橋 采佳)

190829_01ishibashi_0801_1.png

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

最近新しい趣味ができまして、2,3ヵ月前からベランダで植物を育てています(^^)
今育てているのは苺、トマト、バジルの三種類です。

苺はなかなか花が咲かず収穫もできていないのですが、トマトは2つ、バジルはとても成長が早くたくさんの葉を収穫しています♪
  • 190829_01_ishibashi_0801_2.png
  • 190829_01_ishibashi_0801_3.png
来年はもう少し規模を大きくして小玉スイカを育てるのを目標にしています!!
そんなベランダ菜園にはまり中の私なのですが、こないだあるコンサートでとても興味深いお話を聞きました。

音楽の精霊


それは8月のはじめに聞きに行った「小曽根真 No Name Horses Quintet」のコンサートにて。
この日のコンサートはリーダーの小曽根真さんの曲だけでなく、メンバーの皆さんの曲も聞くことができたのですが、
トランペットのエリック宮城さんが「ココペリ」という曲を演奏されていました。
ココペリというのはアメリカ先住民、インディアンのホピ族の「音楽の精霊」のことだそうです。
エリックさんのお話によると、ホピ族は他に水、木、土、空の精霊もいて、人間は地球と共存しているという考えを持っているそうです。
そして音楽の精霊である「ココペリ」は笛を使ってみんなに物語を伝えたり、大地に豊作をもたらす力があると言われているそうで、よくクラシックを植物に聞かせて育てると美味しくなるなんて言いますが、この頃から植物と音楽は密接な関係にあるという考え方があったのかと驚きました。

まさしいたけ


その後なんとサプライズで、さだまさしさんがコンサートにいらっしゃっているということで1曲歌ってくださったのですが、
その時のMCでまたまた植物の話に。
さだまさしさんがお知り合いの方からとても肉厚で美味しそうな椎茸(通称まさしいたけ)をもらったそうで、その椎茸はなんと「さださんの曲を聞かせて作った椎茸」だったそうです!
その翌年、倍以上立派な椎茸をまた、その方から頂いたそうでよくよく聞くと「今度はさださんのトークだけを聞かせて育てました。」と仰ってたそうです(笑)
さだまさしさん、さすがです。。。

音楽の持つ力を実感


またこんなお話も。
春日大社にある春日山原始林では山の木が大量に枯れる「神木枯槁」が過去に12回もあったそうです。
でもその度に御神楽を奉納することでその何万本と枯れ果てた草木が一気に再生するそうなんです...!
なので春日大社では神様と対話をすることができるのは音楽しかないという考えがあるというお話をされて、
音楽は人間だけでなく生き物すべてにパワーを送ることができるだなんてとても素敵なお話だなぁと思いながら聞いていました。

実際に植物の音楽を聞かせて影響があるのかというのは諸説あるそうです。
少し調べてみたところ、植物は動かないし、自ら音を発することもできない、じっとしているしかない植物にとって音を聞くということは必要性がないためそのような機能もないという説や、
音による振動や周波数を感じることができ、それによって影響がみられることもあるとかないとか...。
私は実験したことないですし全くその手の話は詳しくないので何も言えないですが...
とりあえずうちの植物たちが今まで以上に愛らしくなりました!(^^)(笑)

私は育てている植物の成長に喜びを感じたり、自然がたくさんあるところに行ったときはいつもパワーをもらって、それが音楽を演奏する源になっていることも多々あります。
今環境問題など色々考えるべきことがたくさんありますが、できることから、身近なところからこの自然をもっともっと大切にしていきたいです。

音楽の持つ力のすごさを改めて感じたというお話でした!

今日も読んでくださりありがとうございました。
また次回の更新をお楽しみに!

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

公式サイトはこちら!

石橋さんが参加している
Z EXPRESS BIG BANDの紹介ページはこちら

記事の一覧に戻る