< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

楽器よりも身体(Z BLOG 曽根 麻央)

こんにちは。トランペットの曽根麻央です。練習してもトランペットや他の楽器がなかなか上達しない、うまく演奏できない、ということありますよね。今日はこういう時は一旦基礎に戻って歌ってみましょうという話です。

音感を体に叩き込む

特にトランペットの場合は頭で歌えている音を、楽器を通して具現化するわけだから、まず歌えていないと練習しても演奏出来るようになるのは厳しい。頭で歌えている状態とはこれから演奏する音程やアーティキュレーションがきちんとイメージできている状態です。これが出来る状態になるには、ソルフェージュなどの訓練を楽器の練習と並行して行う必要があります。

全ての楽器に共通していえることは、第一の楽器は耳です。ソの音がイメージできてない、聞こえてない、実際に声に出して歌えないのに、楽器で出るはずがないのです。なぜならソの音に対してのアプローチを身体が学んでないからです。音を外す、きちんと出ないなどという悩みがある人は、一旦トランペットを置いて、ピアノの前に座って、音を確かめながら歌ってみるのがいいでしょう。何よりも音感を体に叩き込むことが大事です。
 

演奏は足でリズムを刻みながらするもの

音感と同じぐらい、それ以上に大事なのはリズム感です。足で4分音符を刻んで、曲を歌えるようになることはとても大事です。足と手と歌がきちんと独立させる練習をしなくてはいけません。これはビギナーからプロまでどんなレベルの人にも言えることです。

演奏は足でリズムを刻みながらするものと、尊敬するアーティスト達から僕は教わりました。ビッグバンド、スモールコンボ、どれも同じです。ところが日本では、特にビッグバンドでは足を鳴らしていると、同じセクションの人に怒られるという経験を帰国してから体験しました。それなりに著名なプレイヤーですが、足を鳴らすことで全体を聞けていないなどとのご意見でした。どうやら一般常識として日本のビッグバンドではホーン奏者が足でリズムを刻んではいけないようです。

でも、これは日本の間違った風習ではないでしょうか? リズムは身体で大地より感じ取り、そのネルギーをホーンに伝えられなければ音楽的価値はないと思っています。これはリズムセクション、フロント、関係なくバンドの一人一人から感じられるべきエネルギーだと思っています。
つくづく音楽は楽器よりもまずは身体で感じるものだと思います。ダンスの文化がない日本では、特に身体からのアプローチを練習するべきだと思います。

1812_ZBlog_sone.png曽根 麻央(そね まお)プロフィール
トランペット奏者、ピアノ奏者、作曲家、音楽教育家
ジャズを基盤として日本の音やその他の民族音楽を融合させる、完成度の高い個性的なスタイルを持った日本人のトラン ペッター、ピアニスト、歌手、作曲家。また、トランペットとピアノの同時演奏という独特なスタイルでも知られている 。

【ライブスケジュール】
10/1 (火) @ 六本木 Alfie
曽根麻央 - trumpet & piano、山本連 - electric bass、則武諒 – drums

10/4 (金) @ 小岩 Cochi
“Jazz In Motion”
曽根麻央-piano & trumpet、橋本直如 - tap dance

10/15(火) @ 赤坂 Dot & Blue (六本木・赤坂サウンド・クルージング)
曽根麻央 - trumpet & piano、伊藤勇司 – bass、木村紘 – drums

10/28(月) @ 柏 Nardis
曽根麻央 - trumpet & piano、伊藤勇司 – bass、木村紘 – drums

11/13(水) @ 日吉WonderWall YOKOHAMA
曽根麻央 - trumpet & piano、伊藤勇司 – bass、木村紘 – drums

11/15(金) @ 柏 Nardis
曽根麻央 - trumpet & piano、伊藤勇司 – bass、木村紘 – drums

11/19(火) @ 赤坂Velera
曽根麻央 - trumpet & piano、伊藤勇司 – bass、木村紘 – drums
 

詳細はこちらから

記事の一覧に戻る