< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

会話(Z BLOG 菅野 浩)

情報交換能力

日頃からレッスンのあいだの空き時間やライブ前など、ひとり喫茶店で過ごす時間が多い。
すると色んな会話が耳から入ってくる。

見るからにお金持ちそうなおじさんと、大口の契約を何とか結びたがっている不動産屋。
パートタイマーのお姉さん達の仕事の愚痴。
若いサラリーマンの不倫話。
私生活を大声で暴露しまくる女子高生たち。
ユーモア溢れるおじいちゃんとド派手なお姉さん。
商談に入る前の打ち合わせをする背広姿の上司と部下。
などなど、シチュエーションは様々。
なかても女性同士の会話は年齢に関係なく情報交換の速度と量が半端ないと思うことが非常に多い。

むかし、脳科学の本を読み漁ったことがあって、とある本に書かれていた内容によると、女性と男性の脳では決定的な違いがあるそうだ。女性の脳は男性に比べて右脳と左脳との距離が物理的に近いために脳内の情報の伝わり方が速く、人との会話のテンポが速いとのこと。確かに女性にはその通りと思う人が多い。
僕の場合、学生の頃の飲み会などで大人数で会話している時はたいてい発言の中心になることはなかった。いつも耳から入ってくる会話は脳内で分析され、すぐさま幾つかの返答をできる状態にはなっているものの、かなり高い確率で発言のタイミングは逃していた。たまに発言すると、声が通らないので声のデカい人に遮られることもしばしば。こんなことが繰り返されるとまた黙ってしまう。なのでいつも聞き役の立場。こんな僕はこの脳科学の話によってとても勇気づけられた。自分はそういう男性の脳のつくりなんだ。そして聞き役でありながら一発面白い発言をかましてやろうと虎視眈々とそのタイミングを狙うようになった。

ミュージシャンは聞き上手

ミュージシャンになり思うようになったことだけど、この業界では、女性はもちろんのこと情報交換能力に長けた男性もまた多いのではないかと思う。男性ばかりの会話なのに、女子高生並みの情報交換能力を発揮して会話をしている時もしばしば。そんな中でも僕はいつも口数は少ない。でも、僕が発言しようとすると、しっかり聞いてくれる人がほとんど。みんなすごいなと思う。耳からの情報に鋭く反応して生きているからなのだろうか。
けれどもよく考えてみたら、どの業界でもしっかりした仕事をされてる方は皆、声の大小に関わらず人の話をよく聞いてくれるもので、これはどの業界でも同じかなと思う。

演奏時も人の話(音)をよく聴くことは大事。
自分はピアニッシモのニュアンスにこだわる時期が長かったからか、自分の音が周りにかき消される経験が多くあった。
そんなときはいつもこう思っていた。
「ピアニッシモのニュアンスをよく聞こえる音でカマしてやりたい」と。

いまはそのタイミングを虎視眈々と狙う日々を送っている。

suganosan_prof.jpg菅野 浩(すがの ひろし)プロフィール
アルトサックス、クロマチックハーモニカ プレーヤー
小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」「Landmark Blue」の他、「Gentle Forest Jazz Band」「in's」などのバンドでも活動中。
近年ではクロマチックハーモニカも演奏する。

公式サイトのライブスケジュールはこちら!

菅野さんが参加している
Z EXPRESS BIG BANDの紹介ページはこちら

記事の一覧に戻る