< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

エレクトーン~魔法のレジメ~音楽の世界観を作り上げるスピードは、世界最速!?(林 真由)

こんにちは。林真由です。この度ライターとして活動させて頂くことになりました。
ヤマハエレクトーンデモンストレーター、司会、アレンジ講座などの活動をしながら、3児のママ。子育て奮闘中です。
趣味は旅行。壮大な景色を眺めることと、ご当地のものを食べることが大好きです。
最近ハマっていることは、子どもたちとのパン作り。粉が散らかる(^_^;)と思いつつも、楽しくやっております。
エレクトーンの練習は、子どもの就寝中か、機嫌の良い時間に集中!
素晴らしい音楽への探求は、終わることはありません。
みなさまに楽しく記事をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

どんなジャンルも思いのまま!

何気なく弾いたメロディーを、「オーケストラで演奏したい」「バンドで演奏してみたい」そんな夢を持ったことはありませんか?
この夢を手軽に叶えてくれるのがエレクトーンのレジストレーションメニューです。今日はロック、明日はジャズ、というように、どんなジャンルも思いのまま。世界各国の音楽が演奏できたらワクワクしますね。
この魔法のようなレジストレーションメニューをELS-02Cを使ってご紹介していきます。
els-02_series.jpg

そもそもレジストレーションメニューって何?

エレクトーンには3段の鍵盤があり、上鍵盤はクラリネット、下鍵盤はピアノ、ペダル鍵盤はアコースティックベース、というように、好きな音色の組み合わせで演奏することができます。この3段鍵盤の音色や、リズムの組み合わせをレジストレーションと呼んでいます。
メニューといえば、レストランにありますね。ハンバーグセット、お寿司に、天ぷら定食と、美味しそうなものが並びます。
エレクトーンのメニューには、ポップス、ロック、ジャズ、シンフォニーなど、様々なジャンルの演奏がすぐにできるセットメニューがあらかじめ並んでいるのです。一度演奏を始めたら、「次は何のメニューにしようかな?」と、止まらなくなるほどです。

~かえるのうた~がレジメの魔法にかかると、どうなる?

ここからは、レジストレーションメニューに親しみを込めて、「レジメ」とでい呼んでいくことにいたしましょう。

有名な童謡ですが、レッスンに通い始めると、程なく登場する曲として、お子さまにもおなじみの「かえるのうた」。
これなら弾ける!という方も多いのではないでしょうか。
まずは、参考演奏をお聴きください。

おすすめレジメ 4-1 ザ ビッグバンド ✳︎B

200427_ele_hayashi_02.jpg
メロディーに合わせて、コードはCのみで弾いてみます。(左手はソドミ。足はドだけでOK。)
え?これだけ?
大丈夫!どなたでも、世界最速でビッグバンドの世界観を味わえます。

レジメを選び、イントロ、シンクロスタートの順に押したら、
コードを弾くだけで、華やかな前奏が流れてきます。
まるで、本場アメリカのジャズライブのよう!
気持ちよくイントロを聴いたところで、メロディーを演奏。
最後はエンディングにおまかせです。

この方法なら、他のレジメでもいろいろなジャンルで弾くことができますね。

おすすめレジメ 2-3 ハイウェイ ロック

200427_ele_hayashi_03.jpg
慣れてきたらコードを変えてみると楽しくアレンジができます。
イントロ3のコード進行を真似して、メロディーに合わせてみるのも良いですね。(C Bb F G C Bb F G)
最後はエンディング3をノリノリで聴きフィニッシュ。

おすすめレジメ 1-4 R&B エレピ バラード

200427_ele_hayashi_04.jpg
大人っぽく、ラブバラード風で演奏できます。タッチパネルを使って、あらかじめ用意されている音色を変化させることも簡単です。
200427_ele_hayashi_05.jpg
レジメの魔法にかかり、もはや子どものレッスン曲ではなく、大人も楽しめるおしゃれなサウンドに大変身。

いかがでしょうか?
メニューを選ぶだけで音楽の世界観を一瞬で変えることできる、レジストレーションメニュー。STAGEA 02シリーズの中には500種類以上が内蔵されていて、「弾いてみたい!」という気持ちを、どんどん膨らませてくれます。
みなさまも、レジメの魔法にかかってみませんか?

次回は、レジメを使った、誰でもできる簡単な作曲に挑戦!お楽しみに。

ele_hayashi_prof2.jpg林 真由(はやし まゆ)プロフィール
ヤマハエレクトーンデモンストレーター。3児のママ。
コンサート、司会、講師向け講座など幅広く活躍。

Twitter:@mayu24263746

 

ブログ

記事の一覧に戻る