< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ヴァーチャルライブハウスへの妄想(Z BLOG 菅野 浩)

日頃から妄想激しく生きてきた僕としては、
このコロナ禍は妄想にうってつけの日々。
今回はウィズコロナ、アフターコロナの段階での妄想を巡らせてみよう。

テレワークにたいする意識

コロナ禍で変わったことは、人々のテレワークにたいする意識。
この時期テレワークに移行できた人は、
「今までの業務はテレワークで十分じゃん、これからはずっとこの働き方にしよう。」
という人もいれば、
「テレワークでは不十分だ。」
という人もいる。また、
「コロナ前に環境を整えておけば、テレワークできたのに。」
と後悔し、テレワーク環境を整えようと思ってる人もいる。
その後の生活は、テレワークを何割か増やしたかたちを想像している人は多い。
しかも全世代で。

ライブハウスの今後について妄想してみる

現時点でもかなりクオリティの高い「無観客配信ライブ」をやってるライブハウスがあり、
その言葉もすっかり聞き慣れたものになったが、どこか寂しげなイメージを感じないだろうか。
これは「演者→お客」という一方通行な状況になっているからだろうか。
やはりライブは観客と同空間において行われることが大前提であり、対面していれば観客は声援や拍手などで演者に気持ちを伝えることができ、演者はそれを感じ応える。
ライブではこの交流が面白い。

この面白みを「無観客配信ライブ」で実現できないものかと妄想してみた。
思いついたのは、
「ヴァーチャルライブハウス」なるもの。
簡単に言うとネット上のライブハウスだ。
イメージとしては、コロナ禍で流行った「どうぶつの森」の島がライブ会場になってるようなものだ。
例えとして以下の特徴を持つ。
・店内の広さや座席の位置などを自由に設定可能
・お客はアバター姿で来店、着席。
・座席によってステージの見え方・聴こえ方が変わる工夫。
・そこに居合わせた隣席のお客とチャットで会話可能。
・演者へ拍手や声援を、音声やチャット、アバターの動きで送れる。
・演者はステージ前に設置された大型モニターに向かって演奏。アバター姿のお客をそのモニターを見てわかる状態に。
・配信側の実店舗は、ステージのみの省スペースで運営可能。

どうだろうか。

演者は設置された大画面に映し出される観客と交流できるようになり、観客は演者に声援が届くとなれば、「無観客配信ライブ」に感じる寂しさは軽減されるのではないだろうか。
隣席のおっさんが突然くしゃみをして、それをキャッチした演者が良きハプニングに変化させたり、曲間の演者のMCにお客がツッコミを入れたりもできるようになる。
これもまたライブの楽しさだ。
隣席やスタッフの女の子をナンパしたり素行の悪い観客は速攻退店させられたりw
リアルのライブハウスで起きる多くのハプニングが実現可能だ。

実現するには、複数のカメラ、PA機器、それらを操作する常駐エンジニア、配信システム、高速通信、サイト上のシステムなどが必要となる。

更に妄想を進めてみる

仮にヴァーチャルライブハウスが実現し盛況を迎えたら、今度はリアル店舗での今までのようなライブハウスがより重宝されるようになるのではないだろうか。
録音機器で起きたアナログ回帰のように、
生ライブへの回帰も強くなる。
つまり、生音の価値が増すということだ。

この時期、宅録機器の知識や日頃の業務をオンライン化するための知識などを身につけるのにとても良い機会だったが、
考えれば考えるほど、
妄想すればするほど、
一周回って
「練習しなきゃ」という心持ちだ。
生音がいちばん大事ということは今後も変わらないと強く信じていこう。

suganosan_prof.jpg菅野 浩(すがの ひろし)プロフィール
アルトサックス、クロマチックハーモニカ プレーヤー
小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」「Landmark Blue」の他、「Gentle Forest Jazz Band」「in's」などのバンドでも活動中。
近年ではクロマチックハーモニカも演奏する。

公式サイトのライブスケジュールはこちら!

菅野さんが参加している
Z EXPRESS BIG BANDの紹介ページはこちら

記事の一覧に戻る