< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

早わかり!エレクトーンでオーケストラの曲を弾く音色の組み合わせ方とは!(竹野 靖子)

こんにちは! エレクトーンデモンストレーターの竹野靖子です。
育てているバラの蕾が膨らんできて、花開くのが待ち遠しいこの頃です。

エレクトーンの基本の演奏スタイル

さて、前回の記事では「エレクトーンとは?」と題しまして、ジャズナンバーを弾きたいときを例として、エレクトーンの基本の演奏スタイルと音色の設定についてご紹介いたしました!
ざっくりポイントをおさらいしてみますと、
200529_ele_takeno02_01.jpg
【上鍵盤】右手・メロディー
【下鍵盤】左手・ハーモニー
【ペダル鍵盤】足・ベース

このように、各鍵盤で演奏するパート毎にそれぞれ異なる音色を設定する事ができます。
前回は、「サックス、ピアノ、ベース」の音を各鍵盤に設定しましたね。
(前回の記事はこちら→早わかり!エレクトーンでジャズナンバーを弾く音色の組み合わせ方とは?
では、1台で演奏しているのに、まるでオーケストラが揃っているように色んな楽器の音が一度に聴こえるのは、どのように音色を設定しているのか!?
本編では、複数の音色を設定する方法をELS-02Cを使ってご紹介します♪

各鍵盤に音色を設定してみよう!

▼本編ではオーケストラの中から楽器をいくつか設定してみます!
【上鍵盤】トランペット
【下鍵盤】ストリングス
【ペダル鍵盤】コントラバス

上鍵盤の「トランペット」を選ぶメニューの中にはたくさん!
200529_ele_takeno02_02.jpg
1つの楽器の中でも数種類の音色が入っていますが、管弦楽器ではさらに、「1人で演奏しているような音」や「複数人で演奏しているような音」もあります。
ここでは、1人で吹いているような音の1つ、「トランペット8」を選んでみます。
200529_ele_takeno02_03.jpg
これで、オーケストラの中で、
トランペットのパートがメロディー、
バイオリンやビオラ、チェロ、コントラバスの弦楽器が一斉に演奏しているような音色設定ができました。

より多くの楽器の音を一度に出すには…

ここに!
トランペットに加えて、トロンボーンも一緒にメロディーを演奏したい!
というシーンでは、さらに音色を追加することができます!

▼上鍵盤に異なる楽器を設定します。
ボイスディスプレイをよ~く見ると…
200529_ele_takeno02_04.jpg
[上鍵盤ボイス1]の横にある[上鍵盤ボイス2]!
ここを使って上鍵盤でさらに音色を追加することができるのです!
ここでメニューの名前にご注目!
上鍵盤の音色を設定するボタンは「UPPER KEYBOARD VOICE」と書いてあります。
UPPERは《上のほうの》《高いほうの》といった意味があり、
一方、下鍵盤の音色を設定するボタン「LOWER KEYBOARD VOICE」は
こちらは《下げる》といった意味があります。

UPPER→上
LOWER→下

このように覚えると分かりやすいですね♪

エレクトーンの中央にある画面はタッチパネルになっていますので、タッチをすると写真のように明るくなります。
(この操作により瞬時に[上鍵盤ボイス2]の音量のオン・オフが設定できます)

この上鍵盤ボイス2の音色はここで設定します。
200529_ele_takeno02_05.jpg
先ほどトランペットを設定した[UPPER KEYBOARD VOICE 1]の隣。
ボタンの配列は同じです。

トロンボーンを選びます。
(「セクション」が付いているものは、複数人が吹いているようなサウンドです)
200529_ele_takeno02_06.jpg
選んだ音色は、音色ごとに音量設定をすることができますよ!
200529_ele_takeno02_07.jpg
さらに、画面上では0~24まで細かく設定できます。
200529_ele_takeno02_08.jpg
このように、各鍵盤の音量を調整することによって、音色のバランスを整えることができます♪

ここまでで、
トランペットとトロンボーン、
バイオリンやビオラ、チェロ、コントラバスの弦楽器が一斉に演奏をしているような音色設定ができました!

あともう少し…!

より厚みがあるサウンドにしたい!

さらに!!
もっと重厚なオーケストラサウンドにしたい!というシーンでは、
トランペットも複数人が吹いているような音色を選びます。
そして、同じ要領で下鍵盤、ペダル鍵盤にも音色を追加するとサウンドが変化します。
例えば…
200529_ele_takeno02_09.jpg
【上鍵盤】ブラス・トロンボーン
【下鍵盤】ストリングス・ホルン
【ペダル鍵盤】コントラバス・ブラスベース

このような音色を選ぶと、例えばスター・ウォーズ・メインテーマのような厚みのあるサウンドになります。

リードボイスとは…

今はオフになっていますが、さらに追加できる音色のメニューがあります!
それはコチラ!

[リードボイス1,2]
200529_ele_takeno02_10.jpg
ここは他のボイスと少し異なり、和音を弾いても最高音(または最後に押さえた音)1音だけしか鳴りません!
本編の最初に登場した、サックスやトランペット等、和音を鳴らすことができない楽器を演奏するのに適した音群です。

…え? でもさっき上鍵盤ボイス1,2を使って管楽器の音色をセットしたはずでは!?
と思ってしまいますが、シーンによって使い分けることができるのです!

リードボイスの特性を活かして、例えば、重音で和音を演奏しつつ最高音の旋律だけ管楽器で鳴らしたい!といったシーンではとても便利!

そろそろ頭がいっぱいになってきたところかと思いますので、おさらいしましょう!

★今回のざっくりポイント★

【上鍵盤】ブラス・トロンボーン
【下鍵盤】ストリングス・ホルン
【ペダル鍵盤】コントラバス・ブラスベース

このように、各鍵盤には音を追加して設定できる!
ぜひ覚えていただけたら嬉しいです♪

こうして音色の組み合わせによって、シーンに合わせた音色作りができるエレクトーン!
演奏者によって音色の選び方の工夫が現れますので、どのようなサウンド作りなのか、耳を傾けてみるとより楽しめます♪
是非、みなさんも自分の中で思い描くイメージを大切に、音色を組み合わせて演奏を楽しんでみましょう~!

さて次回は、ボタン以外でよくご質問をいただく、エレクトーンの特徴的なところをご紹介したいと思います。
お楽しみに~♪

ele_takeno_prof.png竹野 靖子(たけの せいこ)プロフィール
ヤマハエレクトーンデモンストレーター。ヤマハ大人の音楽レッスンピアノ講師、ヤマハ青春ポップスファシリテーターとしても活動。
これまでに仙台市天文台プラネタリウム内でのファミリーコンサート等を企画・開催。「音楽っていいな」と、聴いている人の心に駆け抜けることをモットーに、笑顔で活動中。

記事の一覧に戻る