< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

弾けないパパでも大丈夫!笑顔が増える~親子アンサンブル~(林 真由)

みなさんこんにちは。林真由です。
初回の記事では、「かえるのうたのアレンジ」、2回目は「誰でもできる簡単作曲」に、エレクトーンのレジストレーションメニュー(レジメ)を活用しました。
今回は、レジメシリーズ第3弾。「親子アンサンブル」です。
この方法なら、習い始めの方にも、両手奏を楽しんでいただけますよ。

両手奏の練習は大変?!親子で一緒に楽しむには?

0624_el_hayasi03_01.jpg

子どもが音楽を習い始めて数ヶ月たち、右手のドレミファソが出揃うと、いよいよ左手が登場します。
「練習させなきゃ」と思いつつ、うまく声かけができず…。
という方も多くいらっしゃるようです。

「練習しなさい!あと5回!」なんてノルマのように言ったら、練習はつまらないものです。そんな時、エレクトーンのレジメを使って、
「次は違う音色で弾いてみよう!パパが左手を弾くから一緒に弾こう!」
と声をかければ、あら不思議!
「あっという間に5回弾いていたね~!」となれば大成功。
笑顔があふれ、練習が楽しくなるはずです。

さっそく、鍵盤楽器を弾いたことがない方でも楽しめる、親子アンサンブルに挑戦しましょう♪

伴奏は、指1本。「弾けないパパ」が、「弾けるパパ」に大変身!

まずは、指1本で自動伴奏が楽しめるエレクトーンの機能をご紹介します。

「シングルフィンガー」とは?

A.B.C.(オートベースコード)のモードのひとつ。
下鍵盤を1~3音押さえるだけで、自動的にコードとベースの伴奏をつけることができる。
(※「A.B.C.」は、リズムと連動して、演奏に合わせて自動伴奏をつける機能。)

使い方

1.レジメを選び、A.B.C.モードをシングルにする。
おすすめレジメ3-2 グローリー バラード
0624_el_hayasi03_02.jpg

おすすめレジメ5-1 ビート クラッシック
0624_el_hayasi03_03.jpg

※STAGEAベーシックモデルの場合はこちら。
0624_el_hayasi03_04.jpg
0624_el_hayasi03_05.jpg
0624_el_hayasi03_06.jpg

レジメを選んだら、写真のように、①A.B.C.ボタンを押し、②画面右側のAボタンを押すと、シングルフィンガーを選択できます。

2.イントロ2または3を押す。
3.シンクロスタートを押す。

1~3まで準備できたら、下鍵盤の「ド」を弾くだけ。
指1本だけで弾いているとは思えないほど、素敵な前奏が始まります。
これなら弾けないパパでも大丈夫!今日からは、弾けるパパに大変身です。

前奏が終わったら、曲を演奏します。
「ちょうちょう」の楽譜を作りましたので、ぜひ弾いてみてください。
0624_el_hayasi03_08.jpg
今回は、「レッスンの曲をシングルフィンガーの機能で楽しく練習してほしい!」という思いがありますので、レッスン曲を習ったときのように、左手の「ドは小指」、「ソは親指」で演奏します。(動画を参考にしてください。) 
鍵盤楽器を弾くのは初めてという方など、左手の伴奏を人差し指1本で弾いていただくことも、もちろんできます。 
弾きやすい方法で、楽しんでくださいね。 

お子様が右手、ご家族が左手というように、分けて弾くと楽しくアンサンブル演奏ができます。初めての両手奏を豪華に楽しむこともできますね。

右手のメロディーを上鍵盤、左手の伴奏を下鍵盤で弾くのを忘れずに。
最後は、エンディング2または3を押すことで素敵に終止できます。

コードネーム付きの楽譜の場合
例 C=ド、F=ファ、G=ソ
というように、根音を引くことで、シングルフィンガーの機能を楽しめます。

※コードがマイナーの場合は、根音と一つ下の黒鍵を弾くことで演奏可能です。
例 Am=ラとラのフラットを一緒に弾く
  Cm=ドとシのフラットを一緒に弾く
0624_el_hayasi03_07.jpg

レジメを使って、楽しく笑顔で親子アンサンブル!
左手の伴奏が単音の曲や、コードネーム付きの楽譜など、同じように楽しめるものが多くありますので、お手持ちの楽譜でも色々試してみてくださいね。

演奏、シングルフィンガーで演奏する時のポイントや注意点は、動画でお聴きください♪

次回は、「練習の強い味方!MDRの便利な使い方」です。お楽しみに。

ele_hayashi_prof2.jpg林 真由(はやし まゆ)プロフィール
ヤマハエレクトーンデモンストレーター。3児のママ。
洗足学園音楽大学を首席で卒業後、コンサート、司会、講師向け講座、jet(全日本エレクトーン指導者協会)アドバイザリースタッフなど幅広く活躍中。

Twitter:@mayu24263746

 

ブログ

記事の一覧に戻る