< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ピアノのレッスンで身につく!?いろんなチカラ~講師がそっと教えます!ピアノがもっと楽しくなる話~(且田 恭美子)

皆さんこんにちは!ピアノデモンストレーターの且田恭美子です。前回の記事では、ピアノの楽しさの秘密についてお話させていただきましたが、今回は「ピアノで身につく!?いろんなチカラ」と題して、ピアノを習っていると自然と身につく!?演奏技術だけでない、生活していくうえでもきっと大事な様々なチカラについて、お話してみたいと思います。

ピアノを弾くと脳科学的にもたくさんの良いことがある、とよく耳にしますが、具体的に、どんな能力が関係しているのか…。脳科学とピアノの詳しい関係についてはぜひ専門書をご覧頂くことにして、ここでは私が今までピアノを弾いてきて、レッスンをしてきて感じるチカラについて書いていきたいと思います。
200714_piano_katsuda03_01.jpg

1、読解力・想像力・豊かな感性

まず、前回の記事とも通じるところがありますが、ピアノを弾くときにはただ指を動かすだけではなく、曲の雰囲気や背景、作曲家の意図などを読み解き、想像します。楽譜に残された作曲家からのメッセージを、見逃さずにしっかりと理解する「読解力」と、その曲にあったイメージをする「想像力」は演奏をする際にとても重要です。

例えば、「フォルテ」と楽譜に書いてあったとします。「フォルテ=強く」だと思って「ただ大きく弾けば良い」と捉えてしまうと、それは少し違ってきてしまうかもしれません。フォルテの中にも、元気なフォルテや嘆きのフォルテ、思いが溢れたフォルテなど…本当に様々です。メロディーやハーモニー、曲の流れからどんなフォルテで弾いたらよいか、レッスンを通して「読み解くチカラ」を身につけていきます。「作曲家からのお手紙を読むような気持ちで、楽譜を読むんですよ」と私もレッスンで教わった記憶があります。

そして、「じゃあ、四季で言ったらいつになるだろう?」とか、「時間は何時ころ?」「場所は?」「どんな気持ち?」とタイトルや曲、楽譜にある色々なヒントをもとに想像します。他にも香りを感じて弾くなど、五感をフルに使って音を出すとピアノの音に命が吹き込まれて生き生きとしてくるのです。
小さい生徒さんには曲から連想する絵を書いてきてもらったり、物語を考えてもらったりすることもあるのですが、その後の演奏はこちらもびっくりするくらい、より色鮮やかに変化して、本当にいつも感激します。お子様の想像力は無限!色々なイメージをして思いを巡らせることで、より豊かな感性や想像力を育むことに繋がっていくでしょう。
200714_piano_katsuda03_02.jpg

2、暗記力(記憶力)・集中力

また、発表会やコンクールなどでピアノを演奏するときには、上の写真のように(私の小学生時代)楽譜を見ないで暗譜をして弾くことが多いのですが、この暗譜の文化は、超絶技巧で有名なリストという作曲家が楽譜を見ずに弾いたことが始まり、と言われています。音はもちろん、楽譜に書かれている細かな表現もしっかりと覚えることは、練習の過程でとても大事です。私もレッスンで暗譜で弾いていた時に、先生から「ここの強弱は何?」とふいに聞かれ焦った経験がありますが、先程も少しお話したように楽譜には作曲家からのメッセージがたくさん込められているので、見落とさずに確実に理解し演奏することで、その曲の魅力が最大限に引き出されます。
この「記憶するチカラ」はお勉強などでもきっと生かされるのではないでしょうか。私も、どちらかというと暗記物は得意な方だったような…(笑)それはもしかしたらピアノのおかげだったのかもしれません!

そして、そうやって練習を積み重ねた曲を演奏するとき、披露するときには「集中力」を必要とします。この集中がまた難しいのですが、余計なことを考えずに曲に没頭しつつ、客観的な耳をもって弾く。小さな生徒さんが発表会やコンクールで、ここぞという時の集中力で曲に入り込む姿は目を見張るものがあります!きっとピアノで培った集中力はどんなことにも役立つのではないでしょうか。

以上、「ピアノで身につく!?いろんなチカラ」ということでいくつか挙げてみましたが、この他にも「予測するチカラ」や「バランス感覚」、他にもまだまだたくさんのチカラをピアノのレッスンを通じて養うことができるのではないかなと思います。
でも何より、私がピアノを弾いていて本当によかったなぁと感じるチカラ、それは「音楽を楽しむチカラ」です。日々色々なことがありますが、音楽を聴いて楽しむことはもちろん、ピアノを弾いていると元気になったり、癒されたり、本当にピアノからたくさんのパワーをもらいます。心を豊かにしてくれる音楽。自分の指で奏でられる喜びは、人生をより楽しく生きるチカラになると思います。

piano_katsuda_prof.jpg且田 恭美子(かつだ くみこ)プロフィール
3歳よりピアノを始める。ヤマハ音楽教室幼児科、ジュニア専門コース上級科を経て、東京音楽大学ピアノ科及び同音楽大学大学院を修了。
数々のコンクールでの活躍を経て、静岡県知事賞受賞、2009年には浜松国際ピアノアカデミーを受講、ピティナピアノコンペティション特級全国大会セミファイナル入選。 また、(財)練馬区文化振興協会主催新人演奏会に出演し東京ニューシティ管弦楽団とも共演した。
2006年よりヤマハピアノデモンストレーターとしても活動し、各地で演奏活動を行うと共にピアノ講師として後進の指導にあたる。

ホームページ https://kumikokatsudapf.wixsite.com/kkpf
ブログ https://ameblo.jp/k-umiko

記事の一覧に戻る