< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

大人のピアニカ 「P-37E」

大人のピアニカ 「P-37E」
 
「アップテンポの曲も心地よく演奏できます」小林さん(山形県)
  • 使用頻度:週3回
柔らかく、深みのある音色が気に入りました
特筆すべきは、音色の良さです。柔らかく、あたたかみのあるメロウな音色は心地良く、大人の演奏にうってつけだと思います。
音の立ち上がりの良さにも、目を見張るものがあります。ダブルタンギング(舌の前と奥を交互に使って行う素早いタンギング)で下降スケール練習をしてみましたが、音の立ち上がりが良く、詰まりも感じませんでした。
これまでは「P-37D」を愛用してきましたが、今後は曲想によって「P-37E」と吹き分けをしたいと考えています。
バンドでアンサンブルするのが楽しみです
両手弾きで『トランペット(ラッパ)吹きの休日』の一部を吹いてみたところ、レスポンスが良く、心地よく演奏できました。複数音を同時に吹いても息が苦しくなることもなく、コントロールが楽でした。私はトランペット、リコーダーと楽器の持ち替えをするので、キャンペーンで付いていた楽器を首から下げるストラップはとても便利です。
新型コロナウイルスの影響で、所属するバンドの活動機会が全くなく、個人で練習を行いました。今後、バンドメンバーと演奏するのが非常に楽しみです。

  •  
「曲作りはもちろん、ライブでも活用したいです」工藤さん(東京都)
  • 使用頻度:週1回以下
作曲のお供に最適の楽器です
私は作曲をするので、曲作りのアイデア出しのためにピアニカを使っています。電源がいらず、メロディが思い浮かんだときすぐ音を出せるので、作曲のお供にぴったりです。
幼稚園のころからヤマハのピアニカ「P-32DP」を使ってきましたが、大人のピアニカ「P-37E」は鍵盤のサイズが大きくなり、指にフィットするので、とても弾きやすいです。音域も広がったので、演奏できる曲が増えたほか、自分が作った既存曲のアレンジを変えたりすることで表現の幅が広がりました。
かわいさとかっこよさを兼ね備えたデザイン
デザインは、一言でいうと“レトロかわいい!”です。一方で、音楽ホールの空間にも馴染むような、シックなかっこよさもあります。子どもも演奏するピアニカには、かわいらしいイメージありますが、「P-37E」は“かわいい”と“かっこいい”を兼ね備えた新しいデザインだと思います。付属のケースがついているので持ち運びが楽で、かさばらないところもよく、何か楽器を始めたいと思っている大人の方におすすめしたいです。
これまでもライブでピアニカを演奏してきましたが、「大人のピアニカ」は優しく、柔らかい音が出るので、アコースティックライブで活用したいと思っています。見た目もかわいく、ステージ映えしそうなので、次のライブが楽しみです。
「日常生活で何度も手にしたくなるピアニカです」松岡さん(東京都)
  • 使用頻度:週3回
演奏しやすく、長時間吹いても疲れません
音のなめらかさ、音の立ち上がりの良さ、タンギングのしやすさなど、楽に演奏できるので、長時間吹いても疲れませんでした。収納ケースが付いているのも気に入りました。
これまで使っていた鍵盤ハーモニカと比べると、演奏のしやすさが桁違いでした。楽器を吹き比べたことがなかったので、こんなにも音の立ち上がりやなめらかさが違うのかと驚きました。これまでのものと違い、よい感触で和音が弾け、両手でも弾けたことが楽しさを感じた要因で、「鍵盤ハーモニカは和音の演奏に向かない」という固定観念がなくなりました。
親子のアンサンブルも楽しめました
コロナウイルスの影響で、ライブやスタジオで使う機会はありませんでしたが、自宅で演奏動画を撮影したりして楽しみました。私が演奏していると、子どもが「貸して」と言ってきて、家族で簡単な合奏ができたのも楽しかったです。
今後は、路上ライブなど、電源が使えない場所で活躍させたいです。またバンドのなかで和音を出せる楽器が自分しかいないときは、イントロでソロを取ったりしたいです。
長時間演奏しても疲れず、音が良いことで、以前は必要なときにしか使わなかった鍵盤ハーモニカを、日常的に使うようになりました。
使い心地が良いと楽しく、演奏したくなるんだなと実感しています。

  •  
「音もデザインもシンプルで、楽に音出しできます」瀧上さん(滋賀県)
  • 使用頻度:週3回
少ない息の量でもしっかり音が出ます
“シンプル・イズ・ベスト!”なデザインが良く、ボディのブラックの色がよく映えます。キャンペーンで付いていたネックストラップにより演奏スタイルの自由度が増し、首から下げることでかっこよくポジションが決まります。
これまで「P-37D」を愛用していましたが、「P-37E」はデザインもさることながら、音色もよりシンプルになりました。息の量が少なくてもしっかり音が出るので、演奏が楽になりました。重量も軽く、持ち運びもしやすいです。
高齢者の健康維持活動にピアニカを活用
デイサービスで、支援度の低い方を対象に、ピアニカを演奏するレクリエーション活動を行っています。協調性、集中力、呼吸機能や脳の活性化、リラックス効果を狙ったもので、カウントに合わせてドの音だけを吹いたり、3か月ほどかけて簡単な曲を仕上げたりしていますが、ピアニカの携帯性の高さや導入のしやすさはとても良いと考えています。
演奏したのは、高齢の方が親しみやすい童謡です。自分でポップス、ロック、ジャズを演奏するときは、少しかっこよさも出してみようと、エレクトーンでバックオケを作ってみました。デイサービスの皆さんから、「かっこいいよ!」と言ってもらい、やって良かったなと思いました。

モニターレポート一覧に戻る

 

記事の一覧に戻る