< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

新しい音楽の楽しみ方を体験して(Z BLOG 石橋 采佳)

コロナ禍の今、リモート演奏やレッスン、ライブ配信を始め、様々な新しい音楽の楽しみ方が増えていますよね。
ここ最近、そのような嬉しい機会を頂いたのでその時のお話をさせて頂きたいと思います。

①音楽教室のCM撮影

私が講師を務めている音楽教室の、レッスン生募集のCMを講師軍3人で撮影してみました。
こちらの教室ではコロナが流出し始めて割と早い時期から、コロナ禍でのレッスンの方針や、この状況でできることなどを定期的にリモートで会議をしておりました。
実際にこの教室でもリモートレッスンを導入することになり、私も数回させて頂いたのですが、対面でのレッスンは違った難しさを痛感しております。(>_<)
そしてこのCM撮影も本来はリモートでやる予定だったのですが、タイミングが合わず6月末に感染対策を充分に行った上で集まって撮影することになりました。
200827_z_ishibashi03_01.jpg
右はサックス講師の石渡みなみさん
左はトランペット講師の長田明宏さん
真ん中は店長の松本伸太郎さんです(^^)

まずは教室の防音室をお借りして、1人ずつレコーディングをしました。
トラックは事前に長田くんが素敵なものを作ってくれていたので、それに合わせてトランペット→サックス→トロンボーンという順々に重ねていきました。
ソロ入れなども合ったのですが、意外とさくっと終わり、その後MVの撮影を行いました。

200827_z_ishibashi03_02.jpg 200827_z_ishibashi03_03.jpg 先に音は録ってあるのでいわゆる「当て振り」に近い感じだったので、私的にはレコーディングよりこっちの方が難しかったです笑
でも講師全員、コロナ禍のこの不安で暗い雰囲気を吹き飛ばしたいという気持ちがあったので、みんなで楽しく頑張りました!
そして出来上がった映像がこちら!!
恐らくコロナがなかったら、わざわざこのような機会も作らなかったでしょう...!
早速第二段の演奏動画も計画中で、それ以外にも楽器ごとにリモート交流会なんかもできたらいいねという話題があがっているので、これからの活動が楽しみです!

②ライブ配信

普段からお世話になっているトロンボーン奏者の山田翔一さんと、大学の後輩の森田竜也くんと、なんと翔一さんのお宅でライブ配信をしました!
今回PA等諸々の準備は全て翔一さんがやってくださいました。なんとも頼もしい(T_T)
200827_z_ishibashi03_04.jpg
今回の配信では各楽器に1本ずつマイクを使用したのですが、私はこのコロナ禍で購入したマイクを使用してみました。
①のレコーディングと同様にオーディオテクニカ AT2050というマイクを使用していますが、なかなかよかったです!

配信では序盤の方で音声トラブルがあったり、音量バランスなども色々難しい部分もありましたが、
何よりこうやって集まって演奏できることが本当に幸せでした。(>_<)
そして今回セッティング、サウンドチェックなど全て自分たちで行ってみて、今まで自分たちが演奏だけに集中できていたのは素晴らしいPAさんやスタッフの皆様のお陰だったんだなぁと改めて実感をしました。。本当に感謝しなければいけません(>_<)

それにしても翔一さんのお宅は相変わらず楽器で溢れていて素敵な場所でした~(*^^*)
200827_z_ishibashi03_05.jpg 200827_z_ishibashi03_06.jpg
この他にもたくさんマウスピースもありました。。。笑

③会場での観覧あり+ライブ配信ありのハイブリッド型

大尊敬するサックス奏者であり、大学の先輩でもあり、先生でもある本田雅人さんのB.B.STATIONに参加させて頂きました。
このライブは8月9,10日の2日間行われたのですが、この時期はちょうどコロナウイルスの陽性者数がどんどん増えてきている時で、
中止になってしまうのではないか大変不安だったのですが、万全の感染対策を取った上で無事開催されました。

今回は客席を減らしながらも会場で聞いて頂きつつ、ライブ配信もありのハイブリット型でした。
会場はブルーノート東京だったのですが、普段だったらステージの目の前までお客さんに座って頂ける形なのですが、
今回は本来客席がある場所の前方にリズムセクションと本田さん、ステージ上にはサックスセクションと、後ろに一列にトロンボーンとトランペットというなかなかないフォーメーションでした。
(写真がなくすみません。。)

今回のライブは普段のブルーノートに比べたら客席的にお客様の人数は少なめでした。
それでも個人的には、目の前にお客様がいて、音楽を聞いて頂き拍手を頂けるということが非日常となってしまっていたので、
目の前のお客さんがいるということだけでもう感動でした。。。

しかも今回はコロナ以前にはなかった「ライブ配信」もあったので、遠くに住む実家の両親や、地元のミュージシャン仲間なども聞いてくださり、やっぱり生がいいけど、配信もなかなかいいなと思ったのでした。

それにしてもブルーノートの感染対策はお客様だけでなく、ミュージシャンに対してもすごくしっかりしていましたし、
お客様も飲み物を飲みながらもマスクの着用をご協力してくださり、大変感謝です。

これからコロナウイルスが様々な面でどうなっていくのか、正直私には全く想像もつきませんが、
こうやって少しずつ様々な方法をとっていきながら、可能な範囲で今後も音楽を楽しんでいければと思います。

皆様も引き続きどうぞお体にはお気を付けください。
今日も読んでくださりありがとうございました!
また次回の更新をお楽しみに。

1812_ZBlog_ishibashi.png石橋 采佳(いしばし あやか)プロフィール
トロンボーン奏者
12歳からTbを始め、17歳より鶴田昌道氏に師事する。2012年に国立音楽大学ジャズ専修の2期生として入学し、tbを中川英二郎氏に師事。 関東を中心にコンボやビッグバンド等の演奏活動を開始する。2017年4月より、ヤマハ管楽器愛用プレイヤーで結成されたヤマハ主催のビッグバンド「Z EXPRESS BIG BAND」のメンバーとして参加、2018年AKB48「ジャーバージャ」のPVに出演、AKB48研究生へのトロンボーンの指導等も行う。

公式サイトはこちら!

石橋さんが参加している
Z EXPRESS BIG BANDの紹介ページはこちら

記事の一覧に戻る