< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

お子様にも大人気!ピアノで弾ける曲 ~弾いて楽しいピアノ楽曲の紹介~(伊藤 優里)

こんにちは。ヤマハピアノデモンストレーターの伊藤優里です。
前回の記事では「夏に弾きたいクラシックや映画の曲」がテーマでしたが、今回はポップスなど、お子さんも知っている親しみやすい曲、気軽に弾けそうなものなどを中心に集めてみました。
200914_piano_ito5_01.jpg

ひまわりの約束(初級/フルサイズ/ハ長調) / 秦 基博 ピアノ(ソロ)

200914_piano_ito5_02.png
★ひまわりの約束(初級/フルサイズ/ハ長調) / 秦 基博 ピアノ(ソロ)
2014年の夏に公開、「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として、子どもたちにも大人気となったこの曲。
ドラえもんで使用されている曲は、テレビアニメは明るくて元気な雰囲気の曲が多いように思いますが、映画の方はしっとりした曲も多いですよね。
小さな子が好きになる曲というと、どちらかというとバラードよりノリのいい、アップテンポな曲の方を好むイメージがあるのですが、
こうして映画の主題歌などになってしっとりした曲も好きになるのはとても良いなぁと思います。
こちらのアレンジ、左手はパターンが決まっていて弾きやすいと思うので、動きを覚えてしまえば右手のメロディーに集中して演奏出来そうです。
自分で歌っているような気分で気持ちよく弾けるのではと思います♪

パプリカ

200914_piano_ito5_03.png
★パプリカ(ハ長調) ピアノ(ソロ) / 初級
去年、社会現象とも言えるほど大流行した米津玄師さんプロデュースの曲です。
私の周りでも学校の運動会など、ダンスで踊った!という子が多数。
初級アレンジとなっていますが、サビの部分でシャープ3つに転調していてなかなか弾き甲斐があるかも・・・!?フルサイズの楽譜になっているのでオリジナルの歌と違和感なく聴きながら演奏出来ます(^_^)
メロディーばかりに意識がいきがちですが、左手のリズム感、時々出てくる八分音符が続くところなどを大切に弾けると立体感が出て素敵な演奏になりますよ。
 
200914_piano_ito5_04.png
★パプリカ~ハ長調・転調なしアレンジ~ ピアノ(ソロ) / 入門
こちらもおすすめ。入門アレンジ、転調なしバージョンです!
ピアノを始めて、両手弾きと手の移動に慣れてきたくらいのお子さまにぴったりです。Aメロ・Bメロの部分は真ん中のドからの音域、サビで高いド周辺の音域になるので高いドからの譜読みに慣れる練習にもいいですね♪

紅蓮華 ピアノ(ソロ)/ LiSA

200914_piano_ito5_05.png
★紅蓮華 ピアノ(ソロ)/ LiSA 入門~初級
小学生くらいの子どもたちに大流行中!「鬼滅の刃」のテレビアニメでオープニングテーマとして使用されている曲です。テレビでの放送は去年の秋頃だったようですが、今もネット配信などで視聴出来るようで、まだまだ人気が広がっているようです。こちらの楽譜は入門~初級アレンジ。左手はシンプルでとても弾きやすいですね。
右手はタイを使ったシンコペーションのリズムがたくさん出てきますが、歌を歌っている感じをイメージしながら弾くといいと思います。
 
200914_piano_ito5_06.png
★紅蓮華 ピアノ(ソロ)/ LiSA 上級
同じく紅蓮華の上級アレンジです。両手共にオクターブの動きが多く、音にぐっと厚みが出て、かっこいいアレンジです。
こちらはMIDI演奏データも対応しているので、バックオーケストラ演奏とともにさらにかっこよく演奏も出来ます!

彼こそが海賊 「パイレーツ・オブ・カリビアン」より  ピアノ(ソロ) / 中級

200914_piano_ito5_07.png
★彼こそが海賊 「パイレーツ・オブ・カリビアン」より  ピアノ(ソロ) / 中級
最後はディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲です。
ディズニー好きの私としてはとっっっても大好きな曲の一つですが、そうでなくてもこの曲を聴いてテンションの上がらない人はいないはず・・・!?
そして、私の実感では小~中学生くらいの男の子から弾いてみたいリクエストでとても多いのがこの曲です。
楽譜を見ると8分の12拍子となっていて、拍子が珍しく少し取りづらいですが弾きたい気持ちが勝って弾けるようになってしまいます。
仕上がりのテンポは付点四分音符=140ととても速いですし、頭の中ですでに曲が鳴っていると初めからその速さで弾きたくなってしまいますが、
まずはゆっくりでリズムを正しく弾けるようにすると、テンポを上げた時にかっこよく弾くことが出来ます!オーケストラのような迫力あるサウンドをイメージして是非ピアノで演奏してみてください♪

今回はお子様に人気のある曲など、ポップスを中心にご紹介しました。
暦の上ではもう秋。日も短くなり段々と過ごしやすくなってきたように思いますが、これからは雨や台風などが心配ですね。
普段よく耳にする曲を、ピアノの音色だけで弾いてみるというのもいいものですよ。

piano_ito_prof.jpg伊藤 優里(いとう ゆり)プロフィール
神奈川県出身。4歳よりピアノを始める。
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て同大学研究科修了。
第25回かながわ音楽コンクールシニアピアノ部門第1位。入賞記念コンサートにて神奈川フィルハーモニー管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲を共演。
大学在学中よりヤマハピアノデモンストレーターとして活動を始める。
中学校時代には吹奏楽部に所属していた事から多方面の音楽に関心を持ち、本格的なクラシック曲から映画・ミュージカル音楽やジブリ、ディズニー等幅広いジャンルの演奏にも力を入れている。また近年は合唱や声楽、器楽とのアンサンブルのコンサートや、伴奏ピアニストとしても演奏活動を行っている。

記事の一覧に戻る