< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

エレクトーンのデータ買ってみよか!~お店で購入編~(柴田 友輔)

みなさん、こんにちは。エレクトーンデモンストレーター『ばたやん』・しばたです。今回はこれまでの記事に出てきた『曲集対応データ』の購入方法を改めてご紹介しようと思います。皆さんはどうやって購入されていますか?
前編ではお店で直接購入する方法を、後編ではご自身のパソコンやタブレット等からインターネットを利用して購入する方法を伝授したいと思います。それでは早速、お店でデータを買うべくお店に向かいまーす!!

買いに行くときは「アレ」必須!

201015_el_shibata3_01.jpg

今回は以前の記事で紹介した、「Paradise Has No Border」の対応データをお店で買ってみます。対応データを買いに行くときは、ご自身のUSBフラッシュメモリーを忘れずに持っていきましょう!事前に曲集が手元にあると、購入する時の手間が省けて便利ですよ~!

データはお店のどこにある?

201015_el_shibata3_02.jpg
こちら(写真のタブレット端末)がお店でデータを購入できる『Muma(ミューマ)』です。僕が小さかった時はゲームセンターの筐体のような、青い大きなものでしたが、今はすっかりスリムになりました…!!(懐かしい~!!)設置されているお店はこちらでチェックしてくださいね◎ このMumaを操作して、ご自身のUSBフラッシュメモリーに対応データを保存することができます。
 
201015_el_shibata3_03.jpg
Mumaの操作を始める前に、持参したUSBフラッシュメモリーをMumaのUSBポートに挿しましょう。予め挿しておくことで、購入するデータがUSBフラッシュメモリーに保存できる容量が残っているかチェックしてくれます。
動作が確認されたUSBフラッシュメモリー

実際にMumaを触ってみよう

201015_el_shibata3_04.jpg
Mumaのトップ画面はこのようになっています。今回は演奏する曲(曲集)が決まっているので、「商品コード/バーコードで探す」をタッチしましょう。
 
201015_el_shibata3_05.jpg
『商品コード/バーコードで探す」を押すと写真のような画面に切り替わります。
曲集には、タイトルとは別に『商品コード』が個別に設定されていて、このコードが曲集の中に記載されています。
 
201015_el_shibata3_06.jpg
今回の曲集ではこのように記載されていました。検索画面でこのコードが必要になるので、曲集を手元に用意しておくか、コードを事前に把握しておくことがオススメです。
使用する機種を確認して演奏する曲の商品コードをMumaに入力し、右下の検索を押すと…
 
201015_el_shibata3_07.jpg
次の画面で曲集の表紙写真と併せて、購入する曲のタイトルも出てきました。画面に表示された曲名と演奏機種に間違いがないか確認して、『カートに入れる』を押しましょう。この時点ではまだUSBフラッシュメモリーにデータは保存されていません。

このあと画面に従って進めていって、『オーダーシート』を印刷します。
201015_el_shibata3_08.jpg
Mumaと繋がったプリンタから出てくるこのオーダーシートをレジに持っていって、データ購入のお会計をします。お会計と引き換えに、お店の方が『購入パスワード』を渡してくれます。購入パスワードとオーダーシートを併せてMumaの端末に戻りましょう。

Mumaのトップ画面右下の『購入した商品を受け取る』を押して、オーダーコードと購入パスワードを入力して進めると…
201015_el_shibata3_09.jpg
無事にUSBフラッシュメモリーにデータが保存されました!!これで無事にデータの購入が完了、となります。
データの書き込みが完了すると同時に、プリンタから印刷される『Mumaレシート』は大切に保管することがオススメです。
201015_el_shibata3_10.jpg
万が一、家に帰ってデータが巧く再生できない等不具合の保証役になります。それから大切なUSBフラッシュメモリーも、Mumaに挿しっぱなしにして帰らないようにお気をつけください…(笑)

慣れるととっても便利なMuma!!

ここまで少し駆け足気味でしたが、お店でデータを購入する方法をご紹介しました。もし一人で操作をしていて途中で操作がわからなくなっても、お店の方に聞きながら進めることができるので安心ですね。
201015_el_shibata3_11.jpg

また購入する曲が決まっていなくても、トップ画面の「新着おすすめ情報を見る」を押すと、新刊の紹介やオススメの楽譜をチェックすることができて、次に演奏する曲を探せるかもしれません◎

Mumaの便利ポイントは、USBフラッシュメモリーさえあれば買えるという手軽さです。後編で紹介するインターネットで購入する方法には、パソコンやタブレットに少し準備が必要です。もちろん環境が整ってお家で購入できれば、茶の間から一歩も動かず買えて魅力的ですが(笑)、僕自身お店でMumaを使ってみて、パッと買えるのは便利だと思いました。
また実際にお店へ行くことで、お店のエレクトーンイベントや情報をタイムリーにキャッチできるので、お店にしかない味がある!!とも感じました。

それでは次回の後編で、インターネットを使ってエレクトーンのデータを購入する方法をご紹介したいと思います。
次回もお楽しみに!!以上、『ばたやん』でした。
 

Muma - 1曲からレジストや楽譜が買える!

ele_shibata_prof.jpg柴田 友輔(しばた ゆうすけ)プロフィール
奈良県宇陀市出身。「聞いて楽しい!」「見て楽しい!」パフォーマンスで、2015年よりデモンストレーターとして活動開始。関西育ちの親しみやすいキャラクターで、演奏のほかトークも人気。 
YouTubeチャンネル「ばたやんと、エレクトーン。
ブログ「ばたろぐ」、 
Twitter(@u_suke02x
Instagram(@el.btyn
随時情報発信中...!! 

記事の一覧に戻る