< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ハイレゾ音源からアナログレコードまで高音質再生する2chステレオ上級ネットワークレシーバー「R-N803」

ハイレゾ音源からアナログレコードまで高音質再生する2chステレオ上級ネットワークレシーバー「R-N803」
「R-N803」は音楽信号の流れに忠実であることを目指したヤマハ伝統のピュアオーディオ設計思想「ToP-ART」に基づく設計がなされ、定評あるESS社製のD/Aコンバーターを投入。ホームシアター製品向けに開発されたヤマハ独自の視聴環境最適化システム「YPAO」を用いた自動音質補正機能がHiFi製品として初搭載されました。

4系統のデジタル音声入力、MMフォノ入力を含む5系統のアナログ音声入力

すでにお持ちのCD/Blu-ray Discプレーヤー、テレビやゲーム機、パソコンなどのデジタル音声を手軽に接続して高音質再生できる最大192kHz/24bit対応の光/同軸デジタル音声入力端子を計4系統装備しました。また、アナログレコードプレーヤーをダイレクトに接続できるMMカートリッジ対応フォノ入力端子を含む計5系統のアナログ入力端子も装備し、本格的なHiFiプリメインアンプとして使用できます。201710311257_1.png

「YPAO」による自動音質補正機能で音質を向上

201710311257_1.jpg
付属している測定用のマイクを使って、部屋の音響特性や、スピーカーの性能を含む再生環境を計測。その結果に応じて音質補正をする、自動音質補正機能を搭載。部屋の形状や、壁の材質、スピーカーの性能や設置場所などによって生じる再生音質の違いを補正します。

AV Watchに掲載されたレビュー記事

理想的“じゃない”部屋で良い音を、自動補正YPAOで2ch再生を変えるヤマハのアンプ「R-N803」
※YPAOの効果を体験したさいの詳細なレポートなどが掲載。ぜひご覧ください!

製品情報

→  ネットワークレシーバー「R-N803」

記事の一覧に戻る