< >

記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

ヤマハギターの歴史を振り返る年表です。

1966年のフォークギターFG180から始まるヤマハギターの歴史を年表形式で、懐かしいカタログ画像とともに振り返るコンテンツがあるのをご存知でしょうか?
「このカタログうちにあった!」「このエフェクター持ってた!」と楽しんでいただけたらと思います。

1966年 記念すべき最初のフォークギターFG180

201710311508_1.jpg
海外のコピーモデルではない、人間工学基づき独自設計されたアコースティックギター。

1966年 ヤマハ初のエレキギター

201710311508_2.jpg
SG-3、SG-3はオリジナルデザインのトレモロユニットやネックジョイント、ピックアップを採用。

1966年 ヤマハ初のギターアンプ

201710311508_3.jpg
No.250/500は25wと50Wコンボタイプが2モデル登場。デザインがグっときます。

1975年 最高級カスタムアコースティックギター

201710311508_4.jpg
国内外のアーティストが使っていたヤマハLシリーズ「四天王」
左から「L-51」「L-52」「L-53」「L-54」

1977年 初代エレキベースBBシリーズ

201710311508_5.jpg
現在まで続くBBシリーズの初代モデル。

1980年 ヤマハ初のコンパクトエフェクター PSEシリーズ

201710311508_6.jpg
このシステムボードは今、見ても、シビれます!

2000年 STOMPシリーズ DG-STOMP

201710311508_7.jpg
エレキギターアンプDGシリーズのペダル版とも言うべきモデル。モデリングアンプでありマルチエフェクターでもある名機。

もっとも歴史を見る方はこちら!

記事の一覧に戻る